BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

漫画色々三部けいさんの漫画など

「夢で見たあの子のために」
三部けい著。一家惨殺の生き残りの主人公は復讐を誓う。主人公は双子の兄と交信でき、それにより双子の兄の生存を知るが、どうやら殺し屋になってるらしい。過去の秘密も現在の進行中の真相もまだ定かでなく、登場人物の善悪も謎。
「水溜まりに浮かぶ島」
小学生の少年と残忍な殺人鬼が「僕たち私たち、入れ替わってる」してしまうサスペンス。殺人鬼は大金がめあて、少年は妹や周囲の人々が心配。視点は交互に変わるようで。「僕街」同様殺人鬼は絶対悪で善悪ははっきりしてるね。
ところで、著者は荒木飛呂彦の元チーフアシで、ジョジョの2部?5部頭まで担当してたそうね。なるほど咀嚼して受け継がれてるものがあると納得した。SFサスペンスな作品が多いのもだからか。「僕街」の主人公のリバイバル能力はバイツァ・ダストだよねと娘。「水溜まり」の殺人鬼と少年は吉良と息子みたい。著者は背景が描きたくてアシになり描くのが早いのでチーフになり。先生からはいろいろな構図を描くことを学ばれたそうな。だからか本人の漫画に背景が多いししかもしっかり手描きね。キャラデザは似てないけど、よくメインにいるぽってり唇の女子キャラは荒木ヒロイン的。漫画評でキャラクターを設定することを重視してるのも、荒木先生のキャラづくりを当たり前にお手本にしてるからかなと。「菜々子さん的な日常」(名義:瓦敬助)は女体の様々な構図を描くのが目的のHコメディ。

不滅のあなたへ
12巻の前世編終了まで読了。繊細な人間描写に容赦のない戦闘シーン、ソフトな絵柄のファンタジー世界なのに話はハード。化け物との行き詰まる攻防戦が終わったけど、大きな謎は残したままなので、現在は第二部の現世編が連載中。アニメは2クールあれば前世編全部いけるかな

恋と嘘
ムサヲ著。最新刊まで。国の決めた婚約者と恋する人と親友との四角関係。登場人物がみんな健気でかわいい。ままならない現実ながら、お互いを思いやり、自分の本心を考え、相手にキチンと伝える。コミュニケーションを大切にしているからかなと。

「AWAY」
萩尾望都著。子供だけが別の世界に飛ばされて18歳になったら元の世界に戻ってくる。子供達は自分達だけで生き延び、元の世界へ戻る者にメッセージを持たせる。現象の真相とは。

ジャンプ「チェンソーマン」
すごい展開に。やっぱりマキマさんは悪魔でしたか。最強だったし。怪物のイメージが毎度面白い

春風のスネグラチカ
沙村広明著。帝政ロシアからソビエト連邦になった頃。車椅子の少女と従者の青年は別荘の管理人に少女を伽をさせる取り引きをして住み込むのだが。彼らの正体とは。その目的とは。実は主従は逆転で従者が皇帝のご子息で少女がラスプーチンの家計という。外国映画のロマン感。

「幻想ギネコクラシー 1、2」
沙村広明著。短編集。シリアスもあるけどSFチックで下ネタもある。「波よ聞いてくれ」の方のテイスト