BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

映画『SHIROBAKO』「銀魂 THE SEMI-FINAL」「ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん」

映画『SHIROBAKO
皆バラバラになり勢いのなくなった4年後の武蔵野アニメーション。そこに制作が逃げた劇場版アニメの仕事が舞い込む。宮森は奮起して昔の仲間を集めるが苦難の連続。TVと同じ監督水島努、脚本横手美智子。テンポが良くてキャラが多彩で面白い。挿入歌の作詞は全部水島努監督。映画『SHIROBAKO』ついでにタローと平岡が4年後はバディになってて微笑ましい。いつもつるんでいるみたい。バディ感を出してと水島監督からオーダーがあったそうで。

銀魂 THE SEMI-FINAL」
原作76巻から抜粋でどれもギャグ。「万事屋編」2年の放浪から帰ってきた銀さんと新八、神楽との再会。「真選組編」はゴリラの結婚式。こっちを見てからの映画だねほんとは。3時間あればねえ。
○○を入れて感想ツイートで応募企画があったので書いたのがこれ
銀さんの〇〇や高杉の〇〇や桂の〇〇や松陽先生の〇〇が良かったです!これは、感想を書いて欲しいのか!大喜利を要求してるのか、どっちなんですかねえ。〇〇で始まり、〇〇で終わり、ほっこりした気持ちで映画館出られるの、とっても銀魂らしくて〇〇らないです。
全部伏せちゃったな。なんかちょっと違ったかな。

「ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん」
主人公少女の祖父の乗った砕氷船ダバイ号は北極点を目指す旅の途中で行方不明に。少女は船を探すため家出しノルゲ号の船長と交渉し北極に向かう。しかし船は氷で壊れ、帰るにはダバイ号を探すしかなくなり、一堂は氷原を行くことに。監督レミ・シャイエ。フランスー・デンマーク合作アニメ映画。主線がなく西洋絵画的でとても綺麗。お金をなくしても酒場の女将の元で仕事したり、船中で縄の結び方を勉強したり、少女は逞しい。船員達の飢えによる争いや悲しみもある。ジブリ的な少女の成長物。秀逸だったのは、主人公に男子2人配置したところ。ジブリならボーイミーツガールで1対1で彼氏になってしまう。2人なので高貴な女性の騎士になる。ヨーロッパらしい騎士道というか。主人公は貴族だし身分は違う。女性の大切な物は恋愛でなくていいわけだ


漫画


亜人
最終回とうとう迎えましたね。  
地獄楽も大団円。大奥も風光るも最終回。少女漫画の二大時代劇が終わり、代わりにというかジャンプで「逃げ上手の若君」、マガジンで「カンギバンカ」と時代劇が始まるという。青年漫画で時代劇は珍しくないけど少年誌はそんな多くない。

とらのあなさんで取寄販売のお知らせ

とらのあなさんで取寄販売のお知らせです。
期間は2021/02/19 ~ 2021/03/07です。今回の対象は既刊本すべてです。ジャンルはヒロアカ(勝デク)、銀魂(高銀)、ナルト(サスナル)です。
・ヒロアカ本「RAPTOR」1冊
銀魂本「兜卒の天の食」「鵲の渡せる橋」「子午線の祀り」「天の原 天つ風」「蓬莱の玉の枝」5冊
NARUTO本総集編「Long Long Ago」1冊
以上を扱っていただきます。ヒロアカ本と銀魂本「子午線の祀り」以外はR18です。

※ヒロアカ 本とNARUTO本は電子書籍もあります。一番下に書きましたので、こちらもよろしくお願いいたします。銀魂本も映画ファイナル記念に電子書籍化計画中です。

★ヒロアカ本(勝デク)
「RAPTOR」
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/56/99/040030569908.html

銀魂本(高銀)
「天の原 天つ風」
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/44/49/040030444943.html
「蓬莱の玉の枝」
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/38/22/040030382230.html
「鵲の渡せる橋」
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/24/00/040030240048.html
「兜卒の天の食
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/14/70/040030147004.html
子午線の祀り
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/07/17/040030071703.html

NARUTO本(サスナル)
「Long Long Ago」
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/07/73/040030077356.html

よろしくお願い致します。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

電子書籍
・ヒロアカ
「RAPTOR」
とらのあなさん
https://ec.toranoana.shop/joshi_d/digi/item/042000010934/
ガールズマニアックスさん
http://www.dlsite.com/girls/work/=/product_id/RJ207590.html

NARUTO
「Long Long Ago」
とらのあなさん
https://ec.toranoana.jp/joshi_rd/digi/item/042000017220

ガールズマニアックスさん
https://www.dlsite.com/bl/work/=/product_id/RJ275544.html

「灰の月」上巻 木原音瀬著。

「灰の月」上巻
木原音瀬著。組長の息子は陵辱事件のトラウマで対人を恐れ、腹心の部下に頼りきり。事件で男色に目覚め部下に命じて関係した結果、想いを寄せるが部下はヘテロであり拒絶される。性生活は荒れ、周囲にも性癖は知れることに。彼のボスらしさに惚れていた部下は幻滅し、組長に移動を命じられる。無惨なところで下巻に続くが巻き返せるのか。「月に笑う」スピンオフで同作の番外編も併録。
「灰の月」下巻
木原音瀬著。部下は2年ぶりに組長の息子と再会するが組長が殺害される。息子らしく組長の弔い合戦を行う息子を見直す部下だが、彼は部下への思いのあまり乳房を作っていた。理想の経済ヤクザのボスを慕い雌犬な彼を嫌悪しつつ抱く日々。その後結婚式が罠で組長息子改め組長と女装して逃亡。葬式での騒ぎで組長が行方不明になり年月が流れ。見つけたが彼は薬漬けで去勢された。最後まで血生臭いエピソードでも心を病むボスと二人きり。ボスは女性になり部下にボスでなく雌犬としてだけ愛されるハピエン。部下には理想のボスを失い組という居場所も失くすバッドエンドかも。

 

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』辛口感想
辛口感想。水城せとなの原作は初回からハードに男同志の濡れ場満載で二人の関係が中心なんだが。定勲監督はBLに全く興味ないのがわかる。前半40分に男女の濡れ場2回もあるしやたら女優の出番多くてどれも長尺。腐女子誰得。お呼びじゃない感。監督の得意分野に寄せてるのかね。監督がいかに女が撮りたくても見るのは腐女子。TPOを考えるべきでは。逆に考えれば男女恋愛作品なのにBLシーンが多いようなもの。BL嫌なら監督辞退すればいいのになんで受けたの。恋愛に性別関係ないとでも思ったかな。女相手とは全然違ったんじゃないかな。恋愛よりストーカーにしかみえん。BL恋愛はどう描くべきかはBLに振り切って楽しそうだった「おっさんずラブ」の爪の垢を煎じて飲めと。ついでにBGMはほぼなく無音で1シーンが冗長ね。音楽って大事だと思うが昔の日本映画にありがち。
それでもBL濡れ場は中盤とラストに2回あったし。役者は頑張ったかな。そのシーンはいい。ライティングもいい。
成田凌くんは「アンサングシンデレラ」の田中圭くんとのが雰囲気あったね。BLじゃないけど色っぽい関係性を漂わせてた。特になにかするわけでなくても、そういう関係性が見える絵作りってのはあると思うんだが。監督の考えというのはやはり作品に出て伝えたくなくても伝わってくるんだと思うな。

 

2020年冬アニメ追加

文豪ストレイドッグス わん!」
ギャスピンオフ。ナルトや進撃の巨人異世界カルテットでもあったけど、かわいいね
本編の漫画では今のシリーズがもうすぐ終わりそうかな。終わったらアニメに出来そう。コラボでまた角川文庫で文スト表紙コラボするかな。小説「ストームブリンガー」も発行日決定ね

ログ・ホライズン 円卓崩壊」
かなりたってるけど続編。不穏な雰囲気で始まり

『スケートリーディング☆スターズ』
2話目。主人公は部員達と正式入部を賭けて対決することに。登場人物がギスギスしてて、主人公含めレギュラーキャラが皆ほぼ性格に難ありで、一筋縄でいかない感じがいいね。これはキャラ物に見せかけて実は違うね。谷口監督の「好きなキャラを見つけてもらえば」ってのは多分ブラフだね。娘が2話目を見て面白いと言い、1話目ないのかと聞かれ、すでに録画消してて怒られた。1話目がAmazonプライムにあって良かった。ふう。
幼女戦記でも1話目消したよねと。娘から責められたり。絵柄とかネタとか娘好みではないと思っても、別のところが面白くて好みってことあるからね。興味を広げてゆくのはいいことだし。

「SK∞」
大人も子供もキャラの中身は小学生。等身低ければ少年向けの雰囲気。小学生向けにした方が話は合ってる感じ。この後の展開は王道なら相方と差が出る→対決敗北→修行→再対決勝利→友情復活かな。1年やるならBFみたくどんどんスケボー大会。闇のデュエルならぬ闇のスケボー大会とか。

ポケモン×BUMP OF CHICKEN スペシャルMV「GOTCHA!」
娘がコマ送りで見てあれがいるこれがいると大騒ぎ。歴代キャラ主人公ジムリーダーボスチャンピオンポケモン全部盛り。監督松本理恵監督松本理恵 キャラデザ林祐己 制作ボンズ血界戦線ですね。

「怪獣8号」「鴨乃橋ロンの禁断推理」「テロール教授の怪しい授業」「みつあみの神様」

「怪獣8号」松本直也
ブランチで紹介されてたね。紙の雑誌ではないジャンプ+だけど、ジャンプ漫画として伸びてほしいね。王道の安心感、会話の漫才感、なにより怪獣デザインと見せ方がいい。もしアニメ化するならまずスパイファミリーからかと思うけども。彼方のアストラに続くかな。有望株ですね。アクションがうまくて化け物のフォルムがいい。なによりメイン2人の関係はワンパンマンの師弟やタイバニの兎虎コンビを彷彿とさせる。ストレートな少年漫画でブロマンスというか、関係性に色気があることがポイント高いね。腐的にもおいしいし。まあ私はこのコンビなら年下後輩責めがいい感じだけど、逆の朴訥主人公攻め傾向の人もいけそう。今月は鬼滅最終巻話題で新聞広告に度肝抜いたけど、怪獣8号も1巻が出るね。スパイファミリーみたくジャンプ本誌に出張してきてもいいんじゃないかな。顔見せに。

「地獄楽」
こっちはラストスパート。化け物デザインがよかった。最終回後に語りたい。 

「鴨乃橋ロンの禁断推理」天野明
天野明著。刑事が協力を仰いだのは有能なのだが探偵業を禁じられていた。彼は謎を解くと犯人を自殺させてしまう能力を持っているのだ。コメディ要素が高くて楽しい。ジャンプ+で連載始まり、一気に3作目まで読めた。週刊ペースではないけど結構ハイペース。

「テロール教授の怪しい授業」カルロ・ゼン、石田点著
ゼミに集まった学生達は誘った教授に「あなたたちはテロリスト予備軍です」と断じられる。エキセントリックと振り回される学生達。教授のテロリスト学はテロリストとの定義とは、どういう人達なのか、勧誘手口や目的や実習といたって真面目な考察。メディアで言われている説はほぼ覆される。既刊2巻。続きが楽しみ。カルロ・ゼン作、石田 点画。


「みつあみの神様」今日マチ子
海辺に1人暮らす少女の周囲の物たちが饒舌に語るショートショートファンタジーかと思ったら、2人きりの兄弟登場から不穏な雰囲気に。兄は壁に隔てられた学校に通ことになるがそこで残酷な秘密を見てしまう。ほのぼのした絵で語られる生と死の寓話というか。

ビリーバット
「キャラクター」なる菅田将暉さん主演映画が漫画家の話で長崎尚志さんが関わってるということで、浦沢直樹の「ビリーバット」を思い出したり。漫画家を巡る歴史と世界改変の壮大な話でまだアニメ化してない。ややこしい話でも浦沢直樹漫画だから事件ととキャラで謎を追っていく過程が面白くて読める。今からでも監督小島正幸・シリーズ構成浦畑達彦・制作マッドハウスでアニメ化を是非。今だと「あさドラ!の方のアニメ化は近いかな。でも浦沢漫画は『MONSTER』みたく謎が解かれてからの方がしやすい。

2021年新アニメとジャンプヒロアカ!

ジャンプヒロアカ!
デク君はこれから死柄木を助けるんだろうな。死柄木を敵視できないオールマイトの迷いにも同調しそう。でもってかっちゃんの憤りと心労が新たに増えるんだなあと。
ジャンプヒロアカ!
ヴィラン側の動きにシフトかな。気になる新キャラが出てきたね。しばらくこっち側かしら。かっちゃんライジング後のデク君との関係が気になるのだけど。

2021年新アニメ

進撃の巨人 The Final Season」
狂ったOPから戦争物に。林祐一郎監督&シリーズ構成瀬古浩司さんということで、ユーモアとブラックが混在するドロヘドロテイストがあるね。巨人アクションも荒木監督風の外連味ではなくきちんと動かす感じ。原作既読と未読では全く感想が違いそう。原作は今凄いことに。3話目はテクニカルでとても良かった。ライナーの回想から現在に繋がる連鎖。兵器を吟味するような上司達による巨人の紹介。何より第一話の裏側視点で惨劇が子供達により行われたこと。傷痍軍人に混じるため足を負傷したと思われる彼の信念で締める不穏。海外ドラマのよう。

「裏世界ピクニック」
不思議な世界を行き来できるオタクと美女の女子2人コンビの謎の存在ハンティング。ネット発の都市伝説がネタで第一話はくねくね。対処法も不思議パワーなどではなく理屈があるのがいい。続々と都市伝説が出てくるのを期待。絵も綺麗。

BEASTARS(2期)」
原作終わったので最後までいけるけど、事件の解決の決闘までかな。退学後の続きはおまけといえばおまけなんだけど、第二部はあの社会の解決にも繋がるので行って欲しい。ライオンさんが生き返ってくれるし。ヤクザのライオンさん達が好きだな。OPEDもいいね。EDがルイとライオンのイブキメインなので、アニメスタッフも好きなんだろうなと。

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd」
前クールでびっくりのかっこいいオットーエンドから続き、実は熱い男だった頼りになるオットーの活躍で明るいムード。難題が3つ試練と村と屋敷。解決に向かう攻めのポーズがいいね。
映画「氷結の絆」はエミリアの過去話。今回クールの補完なので事前に見てよかた。

アニメ「呪術廻戦」
神作画アクションで1クール目締めたね。アニメで真人と宿儺の嗤いに呪いは人間とは別物だと思い知った主人公。ジャンプの方でも宿儺の虐殺に同じく真人戦でさらに呪いは全部殺すと決意したところ。ちょうどリンクしたタイミング。2クール目はどこまで行くかな。
ジャンプ「呪術廻戦」
新年から「お兄ちゃんだ」な腸相に初笑いをいただいた。東堂葵に続き虎杖くんは頭おかしい兄貴ぃな人に好かれまくりか。洗脳みたいだけど強い兄貴ぃだから多分頼りになるね。「ナルト」や「ハンター」みたいな友情と思ってたけど「エアマスター」だったようね。ガチな表現が楽しみになってきた。

天地創造デザイン部」
神様から動物達の創造を任された下請け会社。あれこれ相談して試作品を作り採用まで。会社物としてもキャラ立ちした社員達や動物の蘊蓄も楽しい。原作原案蛇蔵・ネーム鈴木ツタ・作画たら子。監督増井壮一・シリーズ構成横手美智子

蜘蛛ですが、なにか?
、なにか?」異世界転生で蜘蛛になってしまった女子高生のサバイバル。しかし彼女はまだ知らないがクラス全員転生している。暫く蜘蛛パートと人間パートが平行するのかな。原作馬場翁。監督は「ベルセルク」の板垣伸さん。アクションよさげ。3Dの違和感ないね。蜘蛛野モノローグが大変そう。キャラデザは田中紀衣さん。イナイレ作画監督やかぐや様キャラデザ。可愛さがそこはかとなく似てる感。

ワールドトリガー 2ndシーズン」
敵サイドからの視点で始まる。ネイバー側の大国の命で小国の兵が基地を襲撃する。1からかなり経ってるし、一見さんお断りだけど、作りたいという制作の思いがあるんだろうなと。近距離、中距離、遠距離のチームワーク、攻撃、防衛の作戦。アニメで見れるのはいいね

「バック・アロウ」
壁に囲まれた世界の対立する2つの国がある。ある日落下物から裸の男が出現、壁の外から来たと言うが。中島かずき脚本らしいテンションの高さパワフルさ。triggerじゃないのはメカで戦うロボットものだからかな。ルルーシュ谷口悟朗監督ぽさは将軍と軍師サイドになるのかな

はたらく細胞!!」
はたらく細胞BLACK」
健康な身体と、不健康なおじさんの身体と両方並んでる放映とは比較してしまうね。ほんわりとイライラと社員達の雰囲気も全然違うところが実に。無印はたんこぶ、ブラックはコレステロール不法投棄や喫煙での一酸化炭素中毒と扱うネタも違う。菌も邪悪そう

「Levius -レビウス- 」
アーマーをつけてやる未来のボクシング物だったのね。ポリゴンピクチュアズらしい絵柄でさらに綺麗になった。未来のボクシングといえば、「メガロボクス」があったけど、あれは「あしたのジョー」のリメイクだった。

7SEEDS(2期)」
2期で最後までいきそうね。原作で新巻鷹弘にあゆがついてくるの忘れてた。ハルが荒巻への気持ちを自覚するためにいるキャラだと思ってた。主役をぐらつかせ心変わりさせる展開で引っ張った。彼よりいい男で両想いなのに気持ちを押し殺して頼りない方を選ぶのも、いわゆる「彼女は俺がいないとダメなんだ」という心情と同じ。少女漫画よりメロドラマなラストだったね。

無職転生異世界行ったら本気だすー』
転生した赤ちゃんなのに心の声が杉田智和さん。銀さん調なユーモアがとてもいい。バカップルな父母も面白い。今や端折られるような魔法設定説明が丁寧なのが新鮮。原作小説・理不尽な孫の手さんでなろう系異世界転生の先駆だそうな。なるほど元祖らしい感。

「2.43 清陰高校男子バレー部」
バレー試合シーンをどう描くかかな。ハイキューという先駆があるだけに。

約束のネバーランド Season 2」
脱出したのでサバイバル編になったせいか、レイの声がキメラアント編のキルアに聞こえて仕方がない

ゆるキャン△ SEASON2」
ひき続き各々楽しみ方でのんびりキャンプをするのがかわいい。ソロキャンプの楽しみ方がYoutubeで人気だったりするね

ワンダーエッグ・プライオリティ』
変な虫に誘われ主人公は不思議な世界に入る。卵を割ると少女が現れ奇妙な敵に追われ、主人公は自殺した友人を取り戻せる可能性を示唆される。不思議の国のアリスっぽい話?。脚本は往年の野島ドラマの野島伸司さん、監督若林信さん。

「怪物事変」
屍鬼と人間の半妖の少年が化狸の探偵社に入るまで。あと2人の少年達とのトリオの妖怪アクション。原作のかわいい絵柄はアニメ向き。雪男子の里の話はドロドロしてるけど、珍しい感覚なのでそのままいってほしいな。原作漫画藍本松

『スケートリーディング☆スターズ」
架空の団体スケート競技の話か。OPだけだとアイドル物みたい。原作・総監督谷口悟朗さんでそれだけで終わる気がしないけれど。主人公と腹黒眼鏡のコンビはいい感じ。動機が復讐なのはらしい感じ。脚本はガンダムBFとガンダムAGE MEMORY OF EDENの木村暢さん普通のスケート描写は先駆の「ユーリ!」が凄すぎかな。団体でどう見せるか。

「SK∞ エスケーエイト」
マリオカート的な妨害ありスケボーレースバトルをするスケーター達の話。主人公と知り合った元スノボーをやってた転校生がメイン。内海紘子監督なので「Free!」層向けと思うが。千葉道徳さん大貫健一さんキャラデザなのでガンダム00の絵でビルドファイターズなティスト。
『スケートリーディング☆スターズ」と「SK∞ エスケーエイト」は明らかにfree!層を狙ってるね。前者は谷口監督が「好きなキャラを見つけてね」とまったく隠してない。後者はfree!の監督。しかし脚本はそういうのに向かない大河内さん。しかし、男性が女性はこういうの好きでしょと出すものは、えてして「それ、違いますから」となりがちなのだが、明暗はどうなるかな。キャラ人気が出る作品は男性作者が女性を意識しないで作ったコンテンツが一番当たるのだけどね。free!だって、女の子アニメの京アニだけど、男か描きたいという純粋な思いから出発

ホリミヤ
優等生女子高生と隠れヤンキーファッションの大人しい男子校生メインの学園ものかな。石浜真史監督。絵柄は新世界よりぽいテイスト。HERO著4コマ漫画を「堀さんと宮村くん」 をコマ割り漫画にリメイクした漫画「ホリミヤ」が原作。

弱キャラ友崎くん
主人公は根暗だが人気格闘ゲームで1位キープ。2位にオフ会に誘われたがなんとリア充同級生。相手に上から目線で勝手に失望されるが。リア充を目指し周りと関わるようになる話のようで。昔のラノベに多かったタイプ。今は少ないのかな。

「回復術士のやり直し」
虐げられた主人公の元パーティへの復讐譚。シリーズ構成・脚本 - 筆安一幸といえば異種族レビュアーズ。これは遠慮なくそのままやるね。原作漫画読んで「傷追い人」思い出した。ストーリー的には昔なら池上遼一作画でヤング誌に載りそうな肉食系。規制で今は受け皿ないか。主人公は性的に搾取されていて恨みがそっち方面なので復讐もそっち。パーティに入れるなら自分で、入れないなら他人にという区別はしてるようね。

 

アニメ映画

「ディリリとパリの時間旅行」
ベルエポックの時代のフランスが舞台。主人公の少女は少年と共に少女連続誘拐事件を追う。実写と絵を合わせたおしゃれで綺麗な画面。モネやエッフェルやその時代の実在の有名人が続々と登場。ミッシェル・オスロ監督。

 

銀魂 THE FINAL

銀魂ザファイナル
本編は高銀祭りビバ!サンクス!監督以下スタッフの方々の情熱溢れる迸る。
原作の最終章は結果的には松陽と高杉の顛末を描いてたけど、今までの登場人物を全て出そうという大甲子園だったので大長編になったわけで。メインを松下村塾の幼馴染3人に絞った構成は映画的に纏まるね。
後半の回想をオーバーラップさせながらのバトルは歴史ある漫画でしかできない盛り上げ方ですごかったね。ドラゴンボールで始まり、銀八先生で締める銀魂らしさで、いい気分で映画館を出れる。
ちょい絵が統一されてないのは今回は細面キャラデザとベテラン原画マンの従来のキャラデザが合ってなかったかな。服などの色トレスや光った印象のグロー仕上げはいまいち銀魂に合ってなかったかな。あったまってないのに歌BGMで山場モードで戸惑うなあとか。でもささいなことなんで。
ギャグではじまり、いきなりアクションで飛ばし、エモーショナルに盛り上げたのに、涙なんて乾かしてやるとばかりにギャグをかます。サイコーでした。今までの粗筋で端折られたところも合わせて是非TVアニメ化を。dTVで間の部分を2本やるけど足りないよね。
映画「銀魂THE FINAL」公開記念にピクシブに昔描いた銀魂ショートショート」漫画UP。左目ネタでびびったので原作終了記念にものっけたけど、映画記念に。
ED後のオマケがとっても爽やかでした。ウホッ。

左目の罪と罰www.pixiv.net