BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

ヒロアカコミックス23巻!「地獄楽」

ヒロアカコミックス23巻!
雑誌掲載ですごい最近のとこまで収録されてるね。トガちゃん戦の始まりまでの12週分。今回作者コメントが多め。最近の悪役サイドのターンのことや、他にも興味深いコメントが。テンコは過去作のキャラだったのか。かっちゃんコメント付き人物紹介がかわいいです。
悪役サイドの物語はなくても済むもので、いきなりパワーアップして主人公の前に出てくれば十分。だから作者が描きたいから描いてるということ。ただ、主人公側が動かないと物語が進まないのね。回想物語や過去物語も物語は足踏みになるし、具体的なエピにしなくても口頭の説明で十分ではあったりする。娘は今の敵サイド話も回想もじれったいようで。でも、作者的には入れたくなるのすごくわかる。説明だけなのと描写があるのとでは、後の実感的に全然違ってくるからね。
それとは別だけど、今のハリウッド映画では時系列に拘るせいで、いきなり主人公のモノローグつき生い立ちが長々と始まるの多くて。2時間くらいしかないのに、この尺必要かと。メインは成長後の話なんだから不必要と思うことも多々。まだ馴染みのない主人公の生い立ちなんてどうでもいいし早送りしたくなる。途中で必要な分だけ回想入れればいいのではと思うこともあったり。

「地獄楽」
連鎖開始からずっと面白い、一つの謎の島が舞台のシチュエーション時代劇。色っぽい表現も昔なら、ヤングジャンプに普通に載ってたよなあ。とうとう敵側に取り込まれるかもしれないキャラが出たね。弟は一応主人公側にいるし、今後の展開も楽しみ。BLネタとしてはかっちゃんぽいキャラ設定がなかなか。でもブラコンで弟という守るものがあるので、精神的には安定してて、かっちゃんほど情緒不安定の危なっかしさはないね。かっちゃんはそこがいい。青年向けなのでそういうシーンもあるしね。弟を思うゆえに、守る強さを得るため化け物と交わるという。でもアニメ化したら岡本信彦ボイスきそうな気も。安定しているからこそ、弟が離れた時に安定を失いそう。不安定なタイミングでの弟とBLだと面白そう。というか、デク君という安定を失う前はかっちゃんは安定してたんだよねと、彼を見て思ったりも。


進撃の巨人
OPがいつもの進撃感。今回はどこまでやるのかな。今連載中のところはまだだと思うけれど。

「サーチアンドデストロイ」とマンガ大賞2019と「COLD THE FINAL」 木原音瀬著

「サーチアンドデストロイ」
カネコアツシ著。テヅコミ連載の「どろろ」の未来版。身体の48箇所を人造人間達に奪われた女サイボーグ百が身体を取り戻してゆく。画力が高くてアクションが凄い。百は本能的なキャラ。相棒になる性別不明なドロはどろろっぽい。続きが楽しみ。「サーチアンドデストロイ」漫画は感覚を取り戻した時の表現がダイナキックで感動的ですらある。これは女主人公だからなおさら伝わる。アニメの方も前半は動物的だったけど、感覚奪還はついでで本能的欲求ではない感。どちらもこれから身体を取り戻すほど弱くなっていく描写があるらしいとか。原作読んでた時に、仕込み刀もなくなったし、実は弱くなったんじゃない?と思っていたので楽しみではある。ハガレンではアルが身体を取り戻すチャンスを、これじゃ戦えないと保留にしたエピソードがあった。次がある保証はないのに。北海道開拓者子孫らしい選択と思ってたなと。

マンガ大賞2019
2位は『ミステリと言う勿れ』3位は『ブルーピリオド』。2作とも読んでるけども、前者は心理分析哲学物。後者は美大予備校の青春物語。描きたいものがはっきりしててとても面白い。1位『彼方のアストラ』は読んだことないけどあらすじは確認済、宇宙漂流ミステリで、アニメ化するので楽しみ。

BL小説

「COLD THE FINAL」
木原音瀬著。COLDシリーズの後日談短編集。2組のカップルのその後だが、「COLD HEART」のカップルの続きが主軸。本編では改心までで終わったので。その後、精神年齢の低い傲慢な天才役者が、ともにいるため努力と忍耐を重ね、舞台でいいとこも見せて主人公が惚れ直したりして、主人公も心はあるのに体が怯える状況だったのが、受け入れていくまで。記憶喪失カプの方はDVだったのが嘘のように穏やか。

「リズと青い鳥」「傷物語」「デジモンアドベンチャーtri」『ガールズ&パンツァー 最終章』

リズと青い鳥
『響け! ユーフォニアム』のスピンオフ。先輩たちの話。吹奏部に誘って辞めて出戻った友達に特別な思いをもつ主人公。お互いなかなか本心を言えないのだが。相手をつなぎとめようとするテーマの、リズと青い鳥の絵本の話と彼らの話を交互に。ユーフォは思わせぶりだが、こちらははっきり百合な感。告白してちょっとだけ待ってで振り向いてときたら。監督:山田尚子脚本:吉田玲子。

傷物語
1から3。化物語の前日譚。主人公は四肢を失った吸血鬼を助け、四肢を奪ったバンパイアハンターと戦うことに。絵柄がリアルぼい。アクションすごい。後半になるほどギャグぽい表現も。残酷アクション表現はたまにポップを混ぜてたり。化物語シリーズらしいところ

デジモンアドベンチャーtri」
全6章。成長した子供達が集結し、少女と謎のデジモンに会い事件か起こり、デジタルワールドで記憶をなくしたデジモン達に会って悶着してからの続きの章はほぼバトル。太一と大和ツーショット多め。元永慶太郎監督。宇木敦哉さんの成長した面々のキャラデザがいい。

『ガールズ&パンツァー 最終章』
第1話。先輩の留年を阻止するため、先輩を隊長に据えて無限軌道杯に参加することに。船底で新たな仲間と戦車をゲット。初戦はBC自由学園フランス革命を彷彿とさせるチームに意外な苦戦を。いつもながらかわいく、戦車戦は楽しい。

ジャンプヒロアカと岸本斉史サムライ8

期間限定で「デート」をピクシブチャットストーリーで公開してますはい。ピクシブチャットストーリーを試しにポチって作ってみたら、別アプリ用でしかもアプリが7月に終わるそう。一応アップしたけど、そりゃないわあ、しまったあ、つかれたあ。まあ、誤字と文字化け見つけたので直したけども。

ジャンプヒロアカ!悪同士の戦いのターンなのかな。でも回想だから、結果はわかってるね。決着はついてないし、敵対したまま協力関係は結ばないと。エンデヴァーvsハイエンドに繋がるのでヴィラン連合は盛り返したと。その過程ね。ついでに、強敵と戦って笑うデクくんかっちゃんの癖は死柄木も同じと。
ヒロアカ。同じ声優に個性的な眼鏡の形と。アニメと原作でネタバレしてるし、ドクターの正体はもう決定でよいのかな。デク君の主治医とイコール。というか、とうとう明かされた!てとこだよね。アメコミやヒーロー物の定番展開だし、今後の考察や考えられる展開が面白いところ
ジャンプヒロアカ!一ヶ月経って、もうハイエンド戦後。現在時間軸になったようで。
ジャンプヒロアカ。トガちゃんの過去話になるのかな。死柄木、トゥワイスに続いて3人目。荼毘はもっと引っ張るかな。轟家との因縁はすごいものが出てきそうだし。
ジャンプヒロアカ。トガちゃんの過去話になるのかな。死柄木、トゥワイスに続いて3人目。荼毘はもっと引っ張るかな。轟家との因縁はすごいものが出てきそうだし。
ジャンプヒロアカ!トガちゃんがぱわあっぷ。過去話もこれは、個性と欲求が合致しすぎて、通せば社会ではじき出されてしまうというか。レリゴーしてヴィランになるか自分を抑えるかの二択。自分はどっちが幸せか。アナ雪と同じ選択肢。ともあれデク君のパワーアップに合わせて敵も強くなるようで。
ジャンプヒロアカ!トガちゃんがぱわあっぷ。姿かたちだけではなく個性もコピー。物間君のグレードアップ版になったというか。過去話もこれは、個性と欲求が合致しすぎて、通せば社会ではじき出されてしまうというか。レリゴーしてヴィランになるか自分を抑えるかの二択。自分はどっちが幸せか。アナ雪と同じ選択肢。ともあれデク君のパワーアップに合わせて敵も強くなるようで。ところで、トガちゃん過去回想に出てる男の子がデク君似のようだが、そういうことかな。

悪同士のつぶしあいエピソードはなかなか難しいところで。悪同士の戦いはどちらも応援できない。だから読者の感情移入は一部のファンを除いて望めず静観するような見方になる。必要な場面だからで描く動機で十分ではあるけど、さらにエンタメにする場合どこに楽しさを作るかということで。基本的に主人公が動かないと物語は停滞するもの。「ハンターハンター」は団長とヒソカの戦いが観客を道具にし巻き添えにするという、悪ならではの戦い方してましたね。もちろん、もうアニメでは無理だろうという。人気キャラ同士でずっとひっぱたから満を持しての対決だったわけだし。ナルトのサスケパートの時は長いなと思ってたな。作者の愛だからしょうがないなと思ってたけど。

BL話なので。サムライ8、岸本&元アシコンビの新連載ということで。あれですわ、BLネタがあるかどうかがヒットの鍵ではないかな。ナルトのようにね。未来舞台でサムライはもう、アニメならSAMURAI 7とか漫画なら最近読んだサーチアンドデストロイがあるから新鮮味はないけども。
サムライ8の記事が新聞に。ナルトの時サスケパート長くての云々話が。サスケが作者の好きな幽白の飛影を投影したキャラだからしょうがないよなあと思ってたし。見捨てられなし単独パート作っちゃうしモテモテになっちゃうんだなと。愛ってままならない。

2019春アニメ

新アニメ

2019春アニメ
時間たったので今視聴継続中のもの

4月2日
ワンパンマン(2期)テレ東
4月6日
鬼滅の刃 MX
続・終物語 MX
続・終物語」5月18日(土)24:00より全6話放送
4月9日
異世界かるてっと MX
さらざんまい フジ
4月12日
文豪ストレイドッグス(3期)MX
4月28日
進撃の巨人Season3 NHK総合

どろろ」「ヒロアカ」継続中

キャロル&チューズデイとFairy goneは絵柄も話も古め
マーケットが海外だし最後あたり見たいかな

ワンパンマン
安定の2期。OPによるとここまではいくのかなという感だが、原作にはまだ区切りがないから、1期と同じく独自のまとめを入れるかな。
鬼滅の刃」始まりました。綺麗だねえ。ユーフォだし、はじめの辺りの話は知らないと娘は全裸待機状態。櫻井さんが出たとルンルン。梶原音楽も良いしルンルン。1クールか2クールかどっちかな。2クールなら10巻くらいこなせそう。ブラクロみたくオリも混ぜつつぶっ続けではなさげ

「さらざんまい」3人の少年達が諏訪部さん演じる声の謎の河童王子に尻子玉を抜かれて河童にされる。その映像がもうなんかすごい。ちょっと画面見た娘が『輪るピングドラム』みたいだと。当たり。『ユリ熊嵐』もだが。毎度わけわかんないけど最後までいけばわかるんだろうなと

「MIX」
あだち充懐かしいと旦那も見る。シリーズ構成の冨岡淳広さん制作のOLMともにイナズマイレブンだね。ピッチングシーンがイキイキしてたし。試合のシーンが得意そうな。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
第3期制作決定ですね!最終巻出るはずだから、最後までアニメになるということね。

どろろ
不知火の巻。覚えのある話だった。原作では前編二ひきのサメの巻、後編がしらぬいの巻。片腕がないのはアニメ設定。原作より男前。鯖目さんの話で領主の苦労、今回の話では下々の苦難とバランス。どろろが剥かれてバレるエピも原作と同じタイミング。

文豪ストレイドッグス
BL話ということで、文ストの太宰と中也がやばめ。今までまったくBLセンサーは動かなかったんだけど。映画で中也が太宰の膝枕みたいな構図になって、カプあおってる感じでおや?と思ったのだが、今3期ではなかなかの過去回想で始まり。太宰に振り回されむきになる中也。でも中也の力を太宰だけが抑えられる。ポートマフィアに入らざるを得なくさせられたのに、のちに太宰は出ていくし。犬猿というか天敵というか、共生関係。ただ、女子ウケのキャラものだからストーリーに少年漫画みたいな緊迫感はないけれど。
昔因縁があったりとか今は敵同士だったりとか犬猿だったりとか萌えるね。幼馴染も萌える。体格とか容姿とか差のある親友や、スパイや裏切りや訳アリの親友も萌える。現実にはなかなかそれでカプはないだろうと思うものがBLならいけるね。

 

『DEVILMAN crybaby』と2019年冬アニメ感想


全10話。凄いアニメで見応えあり。主人公不動明は友人飛鳥了に誘われ、心は人間のまま体は悪魔に変化するデビルマンとなり悪魔と戦うのだが。かわいく色っぽいキャラデザで、コミカルもある反面、原作通り人間の悪を掘り下げさらにエピソード追加で悲しさ残酷さマシマシ。湯浅政明監督、押山清高作監不動明役・内山昂輝飛鳥了役・村瀬歩永井豪の原作は後世の終末物に多大な影響を与えた名作かつ問題作。ヒロインの扱い、友情の愛憎への変化、当時ほかの少年漫画ではあり得ない。さすがに今もそうないか。少女達にはナニカを目覚めさせもしましたね。ええ。サタンが非常に美しく。あと、原作でも人気エピソードのシレーヌの話。シレーヌがもの凄くいい女で、カイムは小山力也さんの声もあって健気でいい男でした。オリキャラ幸田の設定、ミーコ設定の膨らませ、美樹の弟のエピソードも人間ドラマで。悪魔対デビルマン、ふたりの戦いは凄まじかったです。なるほど、と思うところも。原作では対峙したところでまでだったので視覚化されて嬉しい。

「revisions リヴィジョンズ」
最後になってBLな盛り上がりなんでここで。大介と慶作いいね。慶作ほんのりマリマリ好き設定なのにラストでこれくる。さすがシリーズ構成深見真さん。主人公にまるで恋愛ノリがなく最後もおでこチュウでよしって感じ。時間SFとしてもパラレルか同一時間軸か曖昧に続く感じでいいね。なんとヒロインも斜め上でした。まさかのほんとに慶作がピーチ姫。でもシリーズ構成が深見さんなので、同性同士の関係のが深くなるのは期待してた通りとも。主人公にとっては仲間の中では一番信頼してたし意味ある人選。

山田くんと7人の魔女
男同士のキスシーンがあると教えたら娘腐が乗り出したので、久々に全話視聴。毎話何度もキスシーン。勿論女性が多いけど、男同士も多いぞ。主人公山田と宮村押しでは。原作はこの先告白にプロポーズともっとやらかしてたり。ギャグ風にしつつも

どろろ
ばんもんの巻。久々に小林靖子さん脚本回。多宝丸生き延びました。弟という美味しい立ち位置ながら、原作ではこの話のゲストキャラ程度の比重で。娘はネタバレ見て片目とか非情な性格とか調べてるようで。原作うちにあるぞ、読めや。ばんもんはベルリンの壁の隠喩で、作品が描かれた時代は誰もなくなるとは思ってなかったね。多数のために1人を犠牲にしていいのかとの問いかけは原作にはないが、今時のテーマ。原作の勧善懲悪と農民の反乱はあの時代のリアル。

「ケムリクサ」
ラスト3話はまとめて見た。少女が寂しさから赤い木を作り。赤い木を閉じ込めて中に入り、少女は彼を助けようと分裂して中に入る。中で会ったのは二人とも複製。
青年は少女を責めずにやりたいことをやっていいという。失敗してもいい、後始末は大人の仕事だと。優しさであり、子供に対して萎縮しちゃだめだよという親の心とよくわかる。おそらくケモノフレンズ騒動を経ての本人の心からの言葉あろうと。
姉妹たちは少女の謎解きからラストの赤い木とのバトル、バリアの外の世界のオチまで綺麗にまとまり。泣ける話でした。ツンデレはかわいい。ガールミーツボーイ。」EDがアニメの前と中の内容になってるけど、最終回EDがプチ特別で、空間に二人が会う絵が入るようになってたという。娘が仕掛けに気づいた。なるほどここにこうくるか。おしゃれ。

「ネバラン」
二期やりますねー。モノローグがないので、静かな分、イギリスのあの映画みたいでした。二期はサバイバルだから、アメリカ映画みたいになるかな。原作は最終章で世界のネタあかしもされたし、最後までできそうではあるけど。どこまでやるのかな。

ブギーポップは笑わない
歪曲王の話を5話一気見。巨大オブジェ・ムーンテンプルの中に閉じ込められた人々が、精神世界に閉じ込められた。歪曲王の実験と真相と正体とは。ブギーポップによるセラピーのようでもあり。娘が映画みたいだねと。というか、一気に見るものだね。週一より映画向き。罪悪感に囚われ自分を悪と言う人を、ブギーポップは優しい人と言う。傷つけたり相手の期待に応えられなかったりと。優しいから自分を責めるのだと自分を客観視することが大事。逆に優しくない人は他人のせいにするか。その方がタフで生きるのが上手かな。

 

パソコンパニックとヒロアカ

パソコンパニックで、データがいなくなったけど、データ戻ってきました。紙原稿はあるけど仕上げ前だし、webにあげたのが記録になってしまうかもと思ったけど、よかったあああ。迷ってたけども、十傑漫画やっぱウェブに上げなきゃな危機感が。作業途中。いちおー腐娘の許可も得たし。時間おいたせいか、全然大丈夫かなって思えてきたりして。大丈夫?大丈夫っぽいかな。いってもいいのかな。かわいくはない絵柄の問題はもうおいておいて。でも苦手なトーン貼りがまだ終わらない

今月中に新社会人勝デク小説、なんとか間に合いました。やっと手が離れたあ。勝デクでは社会人設定は初めてでした。(3Pは例外)社会人ネタもいくつかあるので、形にしたいところ。次はシリアス社会人勝デクの予定。その前に漫画…GWが来ちゃうじゃないかやばい

かっちゃん誕生日おめでとう??!仕事で後になっちゃうけど、なんかお祝い描かなきゃ

ジャンプヒロアカ!
免許取得後の試運転は、相手雑魚だしあっという間でした。装備の使い方グローブ?なかっちゃんの財布奪取がツボで。轟くんはアニメでも技名言ってくれるかな。今回は敵の動きがメインかな。脳無に薬に今回はアイテム。ヴィラン連合の手に渡るのかな?と思ったり。かっちゃんはベジータを意識してるそうで、だから主人公を自分だけ別名で呼んだり、なかなか馴れ合わないキャラなんだろうなと。とすると、轟くんはピッコロに相当するのかな。クールという意味では。デクくんが完璧主人公な悟空とは全然違うので、キャラの拘り方に萌えを感じてしまうわけだけど。
ジャンプヒロアカ !エンデヴァーVSハイエンドの前まで時間が戻ってたようで。やはりエンデヴァーから始まりで話は続いてましたね。ギガントも複数個性持ちぽいし。デクくんの複数個性萌芽が生かされそう。死柄木がイケメンになってきてるような。ホークスの再登場も近いかな
ジャンプヒロアカ、今回の表紙のぶっ飛び具合にびっくりしましたが、エイプリルフールの映画ヒロアカの告知ポスターのアンサーでしたか。原作はモスラとアニメはゴジラって、東宝だなあ。本当にこういう話なら今回は原作にさほど拘らず、パラレル時空に振り切ってるのかな。OVAのゾンビ話や24時間TVコラボみたく。スマッシュ風で。ナルト映画の第1作目が映画業界の話だったなと。女優をボデーガードする話だった。シリーズ第1作ながら、原作でサスケか出奔してしまい、子供時代ではきちんとサスケが出る唯一の作品になってしまったという。疾風伝でちょっと登場したけど。インターンという使える時期があるな。アニメの時期だし。梅雨ちゃん編がアニメであったからもう1ネタ。パラレルと思わせてインターンに映画業界を警護の仕事とかいって絡める手もある。かもしれない。エイプリルフールのインパクトで中身の感想が。死柄木の闇落ち経緯が出ました。おやこれは。思うところあるけどここでは。とりあえず、ショタ死柄木がかわいい。

ヒロアカ映画第二弾ニュース
ヒロアカ映画第二弾決定てすね。ただ秋からアニメ開始なのに冬映画って、時期被ってるから制作大丈夫?って心配になりますが。前回の映画もカロリーを押さえるためにタワー攻略になったんじゃなかったかな。時間が許せば舞台としてレジャー施設をフルに使い、その他のキャラの見せ場も作りたかったとかあったような。前半低カロリー、後半高カロリーだったね。冬は原作のどこの時期使えるんだろう。インターン以外のA組の人気キャラがメインかなと予想。アニスタも作りやすそう。 4期前半はインターン編でデク君切島君三年生に梅雨さん麗日さんが少し。原作通りにしてオリ展開をあまり入れないならA組ほぼ出ない。でも映画で主人公不在はないからインターンの裏はないよね。原作者はゲストキャラデザと総監修だけ担当と第1弾と同じね。原作者が原作と絵コンテ描いてくれて、絵コンテがおまけにつくならうれしいけど。劇場版銀魂ではやってたけど、連載中ですごく大変だったようでだし。あれは異例で普通は無理か。

アニメヒロアカ
4期はかっちゃんとデクくんの接触が少ないし。純粋な目でアクションアニメを楽しみにしてます。デクくんの物語としてはかっちゃんの問題が片付いたから新たなる旅立ちで新たな人々と会う冒険譚がインターン編。でも学校物は決まった人々といてたまにゲストがくるジャンル。世の中的には箱庭が人気。でもそこは二次でまかなえるとこもあったり。勝デク要素は二次で補わねば。でもアニメや映画にちょっとだけでも勝デク要素あればいいななんて。