BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

文豪ストレイドッグス小説シリーズ

文豪ストレイドッグス小説シリーズ

文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦朝霧カフカ
殺人異能を持つ探偵綾辻は彼を監視する辻村と共に殺人事件を調査を開始する。しかし死んだはずの宿敵・京極により次々と事件が連鎖する。殺人異能を逆に弱点にされ、異能特務課に追われる羽目になりピンチの綾辻。意外な真犯人と京極の正体。Sな綾辻を次第に慕ってゆく辻村。視覚的アクションとエモーショナルな味付けが著者の持ち味かと。文スト本編から安吾と中也が登場。綾辻行人京極夏彦イラスト化企画から生まれた作品。小説化を考慮してない無理めな異能から、オーダー通りきちんとエンタメ小説を作るとこがすごいところ。

文豪ストレイドッグス 探偵社設立秘話」朝霧カフカ
短編と長編二本立て。短編は敦入社試験の舞台裏の太宰と国木田の駆け引き。太宰をいずれ探偵社のブレインにしたいという思惑が國木田にあり、期待してるからこそ太宰に構うんだなという。メインの長編は用心棒福沢諭吉と乱歩の出会いと劇場の予告殺人事件の解決の話。これで乱歩が有名になり探偵社設立となったと。自分の才能を知らず福沢に開眼させられ、自ら囮となり叱られ懐いたと。アニメの共食い編の、瀕死の福沢の側で落ち込んだ乱歩はこの話が下敷きにないと心理がわからないな。殺し屋時代の虚無的で無敵な少年織田作が出演。どちらもほぼ異能は出ない話ね。エモーショナルで良いです

文豪ストレイドッグス 55Minutes」朝霧カフカ
航行する島でテロを食い止めようとする話。探偵社一行は以来で洋上の動く島を来訪するが異能兵器が作動し横浜諸共消滅する。敦はウェルズの協力で時を戻り兵器作動阻止に向かうが。いい時間SF。大佐がミミックの上司だったりと、黒の時代編との関わりも。アクション物なのに登場人物がセンチメンタルなのがよいね。感情面で矛盾がないのがいい。娘が喜ぶ新双黒シチュもあり。私双黒。これアニメにしたらいいのでは。
しかしなるほど!ネタは「ゆっくり妖夢と本当はこわいクトゥルフ神話」のリビルトだね。再構成ではなくキャラも話も全然違うわけだけど。娘に「ゆく妖」だよと教えたら後であらすじ教えてと。「ゆく妖」は以前娘と一緒に視聴したけど、とても面白かった。細田守監督がデジモンの「ぼくらのウォーゲーム」をリビルトして「サマーウォーズ」を作ったみたく。ネタ元を見る楽しみもあったり。作者本人のリビルトならばより多くの人が見る。デジモンの「ぼくらのウォーゲーム」は「サマーウォーズ」見た後で見たけど。だれも知らない一夏の事件、みたいな秘密感がとても面白かった。でも画質が。もったいない。だから「サマーウォーズ」でリビルトしたのだろうけども、ネタは同じでも別物。細田監督は私小説的なので、大人の話になった。子供の話のままでリメイクしてほしいな