BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

4期アニメヒロアカ最終回までと原作ヒロアカ

ヒロアカアニメまとめオバホから4期最終回まで
対ジェントル戦は久々にバトル。オバホに比して明らかに格下の相手だけど、学生の立場ゆえの縛りで戦いにくいという。決着は次回に持ち越し。女子勢の可愛さが光る文化祭編。今期は映画に出したホークスの顔見せまでかな。次期は前半エンデヴァー、後半ヴィランアカデミアかしらアニメもホークス登場。やはり映画に合わせてくるとは思ってたけど本誌にも合わせてきたかな。
文化祭で歌フルでしたね。このシーンための曲作ってもらって声優じゃない外人歌手が歌担当で2番までいくフルコーラス。振り付けも担当がいたそうで、力入ってましたね。YouTube動画も作ってるし。漫画で見たときは、少年漫画に歌の需要はあまりないから、アニメでは声なしのBGMのみで、「音で殺る」ほどの出来だと想像させる感じで行くかと思ってました。「俺ガイル」や「けいおん!」みたいにしたかったのかな。夜アニメ感覚というか。あれはCDを出す目的があるんだと思うけど。ヒロイン達のステージの裏で文化祭を左右する危機が起こり、主人公が密かに阻止するという骨子は「俺ガイル」の文化祭エピソードに近いかな。俺ガイルのこのエピはアニメ1期の山場で、比企谷や葉山の相模の扱いを巡る主義主張が激突するすごく腐萌える話で…げふんげふん。
ホークスは懐かしの「魔神英雄伝ワタル」のクラマがモデルだそうで。確か敵側のスパイでワタルたちと旅するうち仲良くなって寝返る美味しいキャラ。ホークスも逆だけどスパイね。「魔神英雄伝ワタル魔動王グランゾート」は芦田豊雄広井王子の面白かっこいいアニメでした。腐的視点でも。「ワタル」はやんちゃキャラで人気だった敵のボスの息子虎王。ワタルと正体を知らずに仲良くなって、ボス倒した後は友達だったことを忘れてしまうという切ないエピがあり。グランゾートはラビは意地っ張りな人気キャラでおおらかな大地といいコンビでした。ミルコはひょっとして「魔動王グランゾート」のウサギ人間かな。キャラ違うけど。グランゾートは舞台が月だからウサギだったわけだけど。芦田豊雄キャラは可愛かった。芦田豊雄絵はかわいい絵でも、ムキムキキャラもいたので、割と堀越先生の絵に近いとこもあるかな。ルーツ的なところもあるのかも
アニメヒロアカ4期最終回。
映画みたく力を入ってたね。絵コンテは長崎監督ではなかったね。動作の繋ぎで違う感じはあった。予告が神作画っぽかったので、三期の最終回と同じく長崎健司監督の絵コンテくると思ってましたね。原画に中村豊さん他上手い人たちが帰ってきたね。映画が終わったからかな。最終回にしてすごい盛り上がり持って来たね。エンデぱっぱのエピは5期冒頭に持ってくると思ってたから意外でした。今期はアクションシーンに止め絵やアップや青年誌原作アニメ的効果が多かった。大勢喋るシーンを一枚絵にする演出の多用で台詞が背景扱いになりがちだった。絵コンテは4期までと同じ顔ぶれなので、絵コンテから動画にするか止め絵のままかは監督の判断なのだろうなと。他にワンパンマン的連続正面パンチはギャグスレスレだったし。映画でも使った悲しいコーラスをオバホ戦とエンデヴァー戦の2回も使ってた。エヴァンゲリオン的効果だけど個人的にはどちらか1回の方がよかったかと。中村豊さんら映画に行ってた陣営が戻ってきて、ヒロアカらしいストレートアクションが最後になって可能になったみたい。でも、長崎監督ではないなと、エンデヴァーのビルを渡るシーンとか、動きのためとか緩急の部分にたまに不自然なとこがあったので。長崎監督はそういうの見逃さない感。でも、なんだかんだ言って、映画とテレビアニメとの両輪という、ポケモンみたいな状況で作画崩壊せずに完走させられたのはよかった。
轟君はエンデぱっぱの死闘を見てはらはらしていたのに、パパの事務所に来たら塩対応。漫画ではさらっとミニコマでも、アニメでは大コマになるので、もっとウェットにすれ違う親子が描かれるかなとおもったけど、わりとさらっとしてたね。エンデヴァー&ホークスVS脳無は熱かった。もう1話あれば荼毘も入ったかな。それは5期持ち越しね。そのまま作れば大半ヴィランアカデミアね。デク君の新個性が最後にくるかな。

デク君はジェントルに対して「僕もそうなってたかも」と感情移入していたけど、たとえユーチューバーになろうとしても、良くも悪くもかっちゃんに阻止されてたような気ガス。ユーチューバーで自己表現するのもありだし、マニア高じて研究者になるのもありだけど、デク君はそうじゃないわけで。おかしいくらい人助け邁進するのが本質。自分の欲求はあっても本質ではないところに迷いこんでしまうと遠回りしたり行き止まりだったりするわけで。

ジャンプヒロアカ!
ホークスVS荼毘。ホークスとエンデヴァーの大人ヒーローの関係はなかなか美味。なんかもう、ホークスかっこよくて、荼毘も謎がさらに深まり。でもアニメでホークスが雄英出身じゃないと言ってたので、本名知ってるってことは正体が絞れてきそうな感じも。トゥワイス合掌。さらに荼毘の謎がクローズアップ。謎はまだ解かれないけれど、アニメの長崎監督は聞かされていそう。エンデヴァーはミルコの助けに来たけど、ホークスの助けに来てたらもうもう。助けに来たのは常闇君。アニメの最終回はみろやくんとホークスというフォロワー二人にエンデヴァーだったね。