BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

ヒロアカと腐女子カミングアウトから1年

下のイラストはpixivまとめ「MHA ROG&ワンドロまとめ 2」からのイラストです。イラスト置場に納めたのでここにも貼っていきます。
アニメヒロアカ、三期のキービジュアルも来ましたね。カッコいい。まず前半やはりマスキュラー戦が楽しみで。次は常闇くんのシーン。森林破壊に肉体破壊と迫力のシーンがあるので破壊シーンのうまい長崎監督の本領発揮かと。後半はマイト戦が来るだろうし。出久くんは自壊するのが色っぽい。ぼろぼろになるほど色っぽい。長崎監督の痛みの表現は描いてる本人が痛みを感じているんじゃないかと思う。感覚が伝わるそんなうまさ。化け物語の残酷アクションも上手いけど、感じるのは美学であって、グロとは思えど感覚として痛さは感じない。描き方や伝えたいものの違い。残酷シーンを美学として娯楽として見せるのはホラー物の見せ方。痛みとしてみせるのは表現への拘りではないかなと。

「WJヒロアカ」
デクくん縮んだ?いつもより幼い。エリちゃんもさらに幼くかわいくなってるような。絵柄が幼くなって娘もびっくりしてたがエリちゃんかわいいからよいそう。今回の敵は愉快犯でこれまたかわいい系の相棒。かわいい方向なのかしら。かっちゃんがスマッシュぽくなったかな。ギャグの話では堀越先生もこうなるようで。ちょっとどんな話になるのか予想つかない。かっちゃんはクラスの出し物サイド、デクくんはエリちゃんサイドという感じかな。今回の敵はユーチューバー?今までに比べて弱そう。ヤクザや連合とのギャップが。編集が交代したからかな。ライトな方向も入れてくるか。根はシリアスなのだと思うから一時的だとは思うけど。久々にフルカウルデクくんカッコいい。やはり堀越先生はカッコいいシーンが上手いなあ。またかっちゃんが呑気にしてる間にデクくんが成長するような。でも今のかっちゃんは前みたいなデクくんへの焦燥感はなさげかな。でも、かっちゃんとはまた一波乱ありそうな気がしてならなかったり。堀越先生がストーリーは先にいくにつれシリアスになってくと言ってたような。今回の明るい話はその前の息抜きというかオアシスみたいなものかなと。

AnimeJapan2018にて3月25日(日)14:55〜15:30「僕のヒーローアカデミア」3期放送直前スペシャルステージがあるそうで。ゲストいっぱい。他にもアニメいっぱい。行きたいのう。

娘も腐女子だったと判明してはや一年。娘に私がバレたのを機に娘がカミングアウト。娘誕生から◯年隠し続けてたが楽になりました。しかし面白いくらいカップリング傾向が違う。ジャンルは娘はおそ松ヘタリアメイン。ヒロアカは私は勝デクで娘は勝茶、オル出も見てたな。銀魂では私は高銀。娘は銀土、沖神。全然違うのが面白い。自分の好みは関係性萌えなので、好きになったカップリングが好みのタイプ。なので広がりやすいかも。昔は守備範囲外だったNLも年下攻も今は好きなカップリングがいたのでOKになったり。カップリングは要素の一つなので絵が好きだったり話が好きだったり、ここがいいなあって思うのもありだなあと。娘も違う面白さを見せてくれる。好きなカップリングはずれても、ヒロアカ好きしかも腐女子が近くにいるのは実にありがたいことで。
ところで、広辞苑第七版にBLという言葉が入った模様。ビバ!参加したBL評論家サンキューたつおさんの著書「俺たちのBL論」はすごく面白い。BLって文化なんだと胸張れる。