BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

ヒロアカ映画鑑賞前夜とジャンプヒロアカ

ヒロアカ映画鑑賞前夜映画

堀越先生のインタビュー、ほぼ話はアニスタに丸投げだった前作と違い、細かく脚本チェックをされてるようですね。長崎監督もふたりの関係が好きだそうだから、かっちゃんとデクくんのエピソードに力入ってそうです。ジャンプオリジナル映画は昔から基本的にアクションが楽しければ良しのお祭り。プラス萌えがあると期待していいかな。
ヒロアカ映画の前に予想。堀越先生が話にも関わってるなら、かっちゃんがデク君を助けるシーンがあるかもね。ふたりを絡ませるのが苦手そうな黒田脚本の完全アニオリでは絶対やらないシチュエーション。かっちゃんはデク君に借りがあるし、気に食わない人でも助けるのがヒーロー。デク君にまたヒーローとして仰がれたらかっちゃん嬉しいよねなんて思うところ。かっちゃんが身体張ってデク君を庇うのは、実は期末の共闘でやってるけど、デク君気付いてないし。
もしくはかっちゃん誘拐話の手を差し伸べるエピソードの回収もありね。2人のどっちからでもいいから手をつないでほしいな。堀越先生のインタビューで、「あのシーンは悲しいシーンでもあるんですよ」とのこと。ですよね。勝デク的には悲しさしかなかった。あれ以後デクくんは勝手に諦めてしまったけど、かっちゃんは諦めなかったから、今があるんだよねと。
油断してたら、思わぬところで映画のネタバレ見てしまった。うわあ!これ、知らないで見たほうが絶対面白かった!確かに最終回ネタ。犠牲になってくれてありがとうと娘に言われてしまったわ。そこら中にネタバレ地雷が転がってるのでご注意。

ジャンプヒロアカ!エンデヴァーに夏兄と一緒にハグされてるかっちゃんがツボ。デク君がショート君と呼んでるのが。焦凍くんじゃなくてヒーロー名だけど、音で聞くと同じよね。ここ、アニメだと名前呼びみたいに聞こえそうね。事件の解決が意外と早かったし3人の連携をみせるエピだったかも。
ジャンプヒロアカ!
かっちゃんのエンデヴァー加齢臭発言(笑)。ヒーローネーム決めたけど、教えないかっちゃん。先に教える奴がいるという。ベストジーニストだね。教えてって言われたし。なにこれかわいい。導こうとしてくれてる大人に気持ち的に素直なところ。しかし、まさかフラグだったりするとか…
ジャンプヒロアカ!
デク君に頭飾りさくっなかっちゃん。頭飾りつけたままのデク君。日常シーンがスマッシュっぽくなってきたみたいな。かわりにというか、メインストーリーのシリアスがダークさにターボかかってきた感。晴れやかな死柄木の笑顔が眩しいコミックス25巻も出たし。このえげつない破壊シーンは長崎監督にやってほしい。
ジャンプヒロアカ !先週はミニ冊子、今週はフィルム風しおりとおまけ付き。ジャンプのおまけはしおりが多いね。表紙も巻頭カラーも綺麗で細かくて気合が。本編のあとの漫画は野生の公式って感。堀越先生の元アシだそうね。トレスみたいなそっくりな構図あるし、折寺の同人誌かしら、読んだことあるかもみたいに思ってしまうな。最近多い、出版社の出す作品のスピンオフ漫画。公式でもと同人誌でも読者にとっては同様かもだけど。同人誌は書き手の妄想と欲望を紙や液晶に叩きつけるもの。公式スピンオフはクライアントに依頼された仕事として描くもの。スタンスは真逆かと。個人的にはプロでこんな器用で上手いのにねえ。この作者の女の子の絵上手いのに、ヒロアカの公式二次の連載なんて描かせてどうなのかなと。小学館はどらえもんやコナンを別の作家に書かせてたけど。

アニメヒロアカ!
やっと先週から突入。思ったより進みがゆったりですね。1クール目で駆け足でカチコミ編を終わらせて、2クール目は文化祭と仮免やるかと思ってました。この調子だと、カチコミ編で4期終わりそう。