BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

ジャンプヒロアカ!とイラストと2021年夏アニメ

f:id:hiten_alice:20210723102633j:plain


前回の線画に色塗り。ショート小説用挿絵だけど小説の方は校正まだなのでもうちょい後にUP予定。

ジャンプヒロアカ!
「なんでもかんでもやりゃできるよーになると周りがモブに見えちまうなぁ!?」というかっちゃんの台詞が深いね。かっちゃんが昔周りをそうみてたわけである。かっちゃんは馬鹿にしていたけど、デク君は守ろうとすると逆の態度。でもどちらにしろ根っこで相手を下に見ていることだと看破する。
体育祭ではみんなの力を借り、オバホ戦ではエリちゃんの力を借りていたデク君。自分の足りなさを知るから丁度いい個性を持つ人に助力を求めることに躊躇しなかったはずであるのに。かっちゃんとデク君は対だからお互いがやはり逆の方向にいったという。「火の鳥 鳳凰編」みたいにW主人公で対比的に見せるなら、デク君はマイナス方向に成長するかと思ってたけど、ビンゴ。大切な人を奪われるという恐怖もあるね。かっちゃんが目の前でデク君を庇って傷を負ったのも大きかったかも。やっと取り戻した絆を奪われる。デク君の奪われるという言葉が色っぽいなと思ったり。
ついでに、轟君の高層ビル並みのでかい氷壁にぶち当たったの痛そう。上鳴くんの発言によるとデクくんくさかった模様。集中すると寝食を忘れるタイプじゃないかなと思うし。風呂入ろうだね。あとは飯田君とお茶子ちゃんとかっちゃんのターンかな。デクVSかっちゃん3。今度は2と逆にデク君のセラピー的な意味であるとさらに対比的。あ、ステインのターンもあるかも。

「Sonny Boy」
異空間に飛ばされた中学校の生徒の一部は超能力を獲得。ある生徒が秩序を作り学園を支配しようとするが、一部は反抗する。江口寿史のイラストがそのまま動く。漂流教室を思い出すが、舞台の異空間が変わっていくようで、先が読めなくて面白そう。夏目真悟監督。

NIGHT HEAD 2041」
超常現象的なものが取り締まられる世界。保安隊の黒木兄弟は超常現象を目撃し謎の少女と邂逅。一方研究所から15年ぶりに出た霧島兄弟は。霧島兄弟がいるのでドラマ版と地続きの世界観みたいね。ドラマ版スタッフの飯田譲治さん、本広克行さんもいる。