BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

「チェンソーマン」「ファイアパンチ」

チェンソーマン」
ジャンプヒロアカ。誰かがドアの外にいる。帰ってくるはずの者だが違うと予感がする。ホラーの演出で始まった、残酷なエピソード。しかしライトな印象なのは主人久が元気だからかな。悩む前に動く。頭切り替えて戦う。まさかの展開だったので先が読めないね。この前にあったパワーちゃんとのシーンは絵的には少年誌にはすれすれだったと思うけれど、セーフでよかったね。ネームがやらしくなければOKということで。幽奈さんでも絵的にはアウトでも妄想や憑依ならOKみたいなとこあるし。

ファイアパンチ
藤本タツキ著。全8巻。文明が崩壊し氷河期になった世界。主人公アグニと妹は再生能力の祝福者で村人に肉を分けていたが、村は突然現れた兵士達に虐殺され妹も死ぬ。主人公は死なず消えない炎を纏い触れる物焼き尽くす復讐者となるが。シリアスな出だしだが、残酷ながらユーモアのある爽やかさ。映画狂の相棒、助けた少年、能力者達との戦い、人々の教祖となる皮肉。先が読めないし悲劇が凄いしきついテーマだけど魂は少年漫画的。だから今「チェンソーマン」をジャンプ本誌で描いてるわけね。アンパンマンがモチーフと聞いて、なるほどと……ええ?!対談によると沙村弘明の影響があるそうだけど、そういえば初期は絵が似てるね。デッサンが上手くてアクションの構図が凝ってて細いざくざくした線で描いて、残酷とユーモアが同居してて、唯一と思っていたけれど沙村先生の作風に続く人が出るとは。喜ばしいことで。

最近のジャンプの連載は中堅層の復活という方向だね。支えていた漫画が次々と終了したところに新人ばかり投入するのは冒険すぎるからかな。余裕があるところで冒険はできるから。中堅層は漫画の描き方や感覚がプロなので安心感はある。新人はどう化けるかわからないギャンブル感が面白い。ジャンプ+の人気作品から本誌に来る人がもっと出てきてもよさげ。しかしそろそろハンター×ハンターが来てもいいんだが。