BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

ポリゴン・ピクチュアズとグレイプニル

ポリゴン・ピクチュアズ森田宏幸さんがストーリーボードで参加してる作品が多いからか、手書きアニメ的絵コンテぽいというか。キャラの動きもアクターっぽくない感じ。アクターだと元が人間だから絶えず身体がふらふら微妙に動いてる。アクター使ってないのかな?3DCGアニメも増えてきたけど、アクターを使うタイプと使わないタイプがあるようね。ケンガンアシュラみたいに人間の格闘は参考に撮るけどアクションはアニメ的なタイプもある。
ポリゴン・ピクチュアズでの櫻井孝宏さんの起用率高いですね。宮野真守さんも高いですが。『GODZILLA』も櫻井さんが出てるので娘がそれとなく見に来てました。そのほか『シドニアの騎士』『亜人』『空挺ドラゴンズ』まだ見てないですが『BLAME!』『Levius -レビウス-』『HUMAN LOST 人間失格』SF作品によく出てる感じ。

「グレイプニル」と3DCG
高画質で放映続行中。ヒロインの姉の団体に対抗するため、コイン探しの仲間を作る展開に。色っぽいシチュエーションもあり。今回、仲間入りをする室内の陰影もムーディーで、難しそうなアングルの動きが多くて上手いなとおもったら、森田宏幸さんの絵コンテですね。

 「バースデー・ワンダーランド」
主人公と叔母が異世界を救うため錬金術師と小人と一緒に冒険する。色鮮やかでとってものんびり。声優じゃないせいもあってとても抑揚がない。俳優のCVはやめようよと言いたいけれど、この映画は地味だし俳優の宣伝がなければ全く知られなかったかも。作画トップに松本憲生さんの名前があるね。