BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

2017年春アニメ2017感想

アニメ「銀魂
よりぬきでしたね。監督も当時の藤田陽一監督になってたし。今回は映画に合わせて小栗旬之助の出た話。今後再放送にまだやってない呪いの刀話とかとかスタンド戦話とか色々を混ぜるのではないかと予想。ついでにOVAの愛染香編も入れてくれるといいが。

BORUTO
アバンで成長した未来のボルトが出たので、放映期間の決まった企画かなと。その方がいいか。映画から遡り忍者アカデミーに入るところから。映画のボルトは性格がいまいち微妙だったが、こっちは上江洲誠脚本だからキャラクターに好感が持てる。父の顔を潰す(物理的に)と伏線も拾っていて丁寧。「ブリーチ」の阿部記之監督らしく健康的な少年漫画らしい感じ。

アリスと蔵六
研究所から逃げ出した能力者が花屋の偏屈老人を巻き込んで家に居候。想像を具現化する能力者同士のバトルがよく動いて面白い感じ。ほのぼのした雰囲気だがシリアスかな。原作漫画今井哲也、監督桜美かつし、シリーズ構成郄山文彦。不思議少女が男性の家に来て同居ネタはよくある。しかしあえて老人なのは恋愛ネタを入れたくないんだろうなと。最近一緒にいても恋愛にはならないのが流行り。恋愛ネタは彩りだが話の進行を停滞させたり展開をありきたりにしたり、キャラの好感度を左右したり色々面倒なところもあり。

月がきれい
クラス替えしたばかりの少年少女がまだ恋愛でもなく、それどころか友達でもなくなんとなく接近していくような。原作ないからどうなるのかわからないね。森田和明キャラデザなのに地味だけど、作品の雰囲気やさしくて悪くない。

アニメ「進撃の巨人
前期からちょっと間があきすぎたのは辛いね。画質は安定の良さ。攻壁戦がメインの山かと思うけど、原作のどこまで行くのかしら。洞窟の巨人戦までか。アルミン巨人化までか。秘密がほぼ明らかにされたがこれからって感じでさわりだけとはいかない感。

サクラダリセット
実写版と同時企画なので先取り。説明台詞多いね。小説通りだったりするのかな。アニメならアレンジして絵で見せればいいのに。主人公を登場人物に優しいと説明させても特にそうは見えないぞと。設定は説明するものじゃない。主人公がちゃんと設定どおりに見えるエピソード示せよと思ったり。思いつかないならベタでもいいし。結構手っ取り早く他者に説明させて伝えたつもりになってる話多い。設定だからそう見て欲しいという作者の思惑が見えるというか。なら説得力のあるエピソードを書いて納得させるべき。

ID-0
主人公は学生。ロボットボディに意識を入れて宇宙での作業中、違法宇宙掘削業者に救われそのまま手伝うことに。谷口調お仕事物。谷口アニメならきっとテロリスト出るね。最近絵コンテが弱い印象のサンジゲン制作だったけど、今回は監督の谷口悟朗さんで自身の絵コンテなので、アニメらしい、いい感じ。岸監督だった「アルペジオ」といい、2Dアニメの絵コンテをきちんとしてれば違和感はない。しかしヒロアカと同じ黒田脚本なんだが早書きの人とはいえ忙しすぎないかな。複数脚本ならいいけど、氏はいつも一人で書かれるから。

レクリエイターズ
主人公の見てたアニメのキャラが現実世界に。他にもキャラが出てきて、どうやら自分達の作者は現実世界の人々だと知ってるキャラもいるような。オリジナルだが原作キャラ原案構成は「ブラックラグーン」の広江礼威

正解するカド
突然正体不明の巨大立方体的なものが上空に現れ旅客機かその中に吸い込まれる。未知の存在とのファーストコンタクトものか。総監督村田和也さんはよくSFアニメに関わってる人。SFマガジンで特集されてたからそのあたり期待されてるよう。脚本は小説家の野粼まどさん。Amazonプライムでエピソード0がある。今期の地上波同時プログラムはこれか。しかし、小説家が脚本を書くのは負担が大きくないかな。必要な情報の書き方全然違うようだし。さらに直してくれる脚本家が必要ではと思ったり。ガンダムAGEでは半分を担当していた日野さんの脚本はよく連名だったから、脚本家が直してたんじゃないかな。これは東映のCGアニメだが違和感はあまりない。制作自体は「楽園追放」と同じとこかしら。

有頂天家族2
前シリーズも見てたので。

僧侶と交わる色欲の夜に…
僧侶との恋愛物。全年齢、R15(CS)、R18(web)と3種あるとは商売上手。題名通りのもっとやれなネタアニメ