BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

WJ「僕のヒーローアカデミア」

WJ「僕のヒーローアカデミア
切さんターン。やはり心情表現すると誰もが繊細になるようで。シリアスに劣等感を持ってると今回判明。ブーストかパワーアップかはて。話的に残酷で面白くなりそうな伏線もあるし。
だが、切さんはまだ疑惑はある。今回の戦闘は敵がヴィラン連合じゃないからでは。最初からあえて自分の個性に不満があるキャラとして描かれてるし、男らしさを説く割りには本人の行動はさほどでもなく、強い人の側にいれば強くなれる、強さに憧れている気持ちに共感してる。これは伏線では。爆豪の取り巻きは昔からいわば虎の威を借るそういう動機だろうし、切さんも例外なくと。普通の漫画は台詞で真実を説明するけど、堀越さんは台詞と行動と真実を一致させない重層的な描き方をしてるから。勝己が雄々しく見えて女々しく、デクが弱々しく見えて凛々しいように。切さんも男気言いつつ女々しいようで。もっとも、人気投票の結果変更しててもこっちにはわからんが。スパイじゃないのなら、毎度ヴィラン連合戦闘外で、男らしさを謳うくせに怪我してるデクを救出作戦に誘い、必要な道具も持参と不自然に描いてたのは何のためかと。回想の面子は切さんの仲良しぽいが彼らは救出に参加せず、参加はデク周りだけなのも選んでる感じ。
ところで、回想は神野救出直後だろうが、爆豪的に見下せる、自尊心を刺激しない絶妙な面子なので落ち着いているようで。常闇は強力な個性だが爆豪には相性的には下だし。でもこの時実は爆豪は内心はデクの秘密に気づいていたわけで上の空か。その後はオールマイトを終わったと知り罪悪感で壊れそうになるわけで。でも外にその素振りも見せず周りの彼らにも言わない。デクのことは相談できなくても罪悪感は相談できただろうがしない。デクの前で感情を吐露するまで。自分より下だと思ってる相手にはつっぱってできないこと。大泣きして本心をぶちまける相手は選ぶわけで。困ったことに爆豪にとっては自尊心を刺激するデクが唯一そうなのだと。デクが誰もが気づかない人の悲鳴に気づき助けようとする人間だとわかっているから。彼のようにつっぱった性格だと悩みや弱さを見せず言わず内に溜めがち。なのに本心を吐露できて受け止めてくれる相手がいるのは幸せかと。だからこそデクに理屈じゃなく執着していたのかもと。