BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

ガンダムageMOE ビルドファイターズ W

機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN」もう出てたー。評判いいね。しかも2時間半とは長い。アセムとゼハートに絞り、前半は学生生活、後半はゼハートの心情とラストバトルが盛られてるとか。見たいねえ。ガンダムageの宿題。政治情勢から見るとリアルで考察が面白いとか。その後のガンダム設定輸入されるかもね。ガンダムWもある意味その後のガンダムにキャラや設定が輸入されたし。人間ドラマに重きを置くのは多いけど、政治情勢や政局に重きを置くのは稀。難しくなるし。でも歴史好きには堪らない。

機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN
というわけで見る。前編。フリット編はなしで最初のナレーションで状況をさっくり。新規作画のゼハートの潜入から始まるし、アセムとゼハートのニアミスシーンも追加。W主人公らしいのかな。ロマリーが幼馴染に変更で普通のLevel5キャラに。ゼハートの目的がテロに変更なるも後で仕方なくという形で結局諜報に。でもアセムに近づいたのは成り行きになる。新規の学校生活が楽しいし仲良くなる過程がかわいい。新規の作画は大人っぽいし頭身も高いね。時々テレビ版が混じるとちょっと浮く。写真でしかなかった、これやれよって場面が再現されてて嬉しい。MS大会も無事に出来たし、すごいジュブナイルっぽい感じ。アセムに父への劣等感が少ないとこは残念かな。アセムのその辺の薄暗いとこも青春の影って感じで好きだったから。TV版ageを下敷きに若い監督がここが作りたかったというとこを美味しく二次創作してる感じ。濃いねえ。湖畔の再会はそのまま?何これ好きとか言って告白?こんなあやしげな感じだっけ。SPYAIRのEDはやはりいいなあー。アセム鬱って終了。前編に圧縮感が全然ないな。自然過ぎる繋がり。新規いっぱいなのに不思議。1人で見るの?と旦那に聞かれた。興味持ってるよう。「00」も総集編は面白かったからね。一見さんお断りらしいから旦那が見る時補足説明が必要かなと思ったけど、前編には必要ないかな。1時間も新規か。旦那も総集編なのに?と驚いていた。愛というか、執念というかすごいね。
後編。眼鏡っ娘とオブライトの悲恋は後のフラウ戦のために残ったらしい。ウルフの死の後のアセムの達磨斬りはやっぱ凄い。落下要塞阻止の協力イベント。ゼハートコアで仲直りしてアセムを助けて地球落下。いきなり背後霊の精神攻撃。あれ?もうコールドスリープで25年後だ。なんか一気にダイジェスト。フラムも腹に一物からツンデレで普通になったな。どーも女キャラは普通になる方向だね。海賊アッシュことアセムの登場はいきなりだなあ。アセムが海賊とかゼハートが説明。戦いが途中でカット。アスノ家のドラマはカット。ダイジェストっぽくなってきたな。でも新規の背後霊の精神攻撃が面白い。もう最終決戦だ。はやっ。最終決戦面白いなあ。でも補足説明が必要か。おお、新規のアセム対ゼハートの戦い凄いかっけえ。ここがやりたかっただけあるわ。2人の最後の対話がモニター越しじゃなくちゃんと対面してるし。TVではゼハートの遺言だけ言いっぱなしでアセムの答えがなかったし。あの日見た星の光はちとくさいかな。あれ?ラストのロマリー若い?
エンドテロップはアセムとアッシュが声違うし別々記載で別人みたい。順番はゼハートが先だね。ゼハートの死で終わりだし。彼が主人公だったか。彼の救済の話とも。「ずっと友達だ」で救われた感じ。欲を言えば対シドの共闘も欲しかったのう。捨てられた植民星火星の酷い現状説明も戦いの動機として描写が欲しかったかも。いやー面白かったあ。旦那にも大手を振って勧められる。フライングして見ちゃったことは秘密にしておこう。一見さんお断りでもない作りで安心。ゼハートの心理で追う構成だからストーリーを追いやすい。なんといってもモビルスーツ戦は燃える。あ、アセムの海賊姿全然なかった。
セム編は学生生活長くしたかったと日野監督が発言してた。潜入学生生活とかイナズマでもあるから面白くなるの予想できる。でも予定のプロットを崩さなかった。「ガンダムW」は監督が最初の構想から逸脱して煮詰まり、30話から監督交代後当初のプロットを駆け足でこなした。作品的にどっちがいいのかわからないけど。でもageも逸脱したらどうなったのかなと思う。このMOEみたいになったかね。てか、勢いで、キャラクターが主張しだして予定を逸脱していく作品って好きだったりする。作るほうは先が見えなくて収集つかない危険性もあって大変かもしれないけど。作った本人の本気がにじみ出る作品って完成度はともかく面白い。作品として即興もいいと思う。
補足「ガンダムageMOE」
ロマリーはTV版のが面白いね。トリックスターとしてよく出来てる。彼女がアクション起こすたびアセムが傷つきそれによってゼハートも傷つくという負の連鎖を作ってる。アセムが海賊になった理由も整合性が取れる。他の男を好きな妻との家庭では大義名分があらば出奔したくなるかも知れないよねと。海賊になって家庭放棄するにはあのロマリーでないと。女は子供出来れば家庭が巣だけど男にとっても巣とは限らないというか。女性に個性的なキャラ付けするにはガンダムWみたくかっこいい女か悪女だよねと。マクロスのミンメイとか。ガンダムseedのフレイとか言ってみれば悪女タイプ。ガンダムseedのフレイは面白かったな。次にどんな悪事を働くかと楽しみで。アセムの追いつめられ方も家庭放棄の理由もTV版ロマリーだとリアル。MOEの普通なヒロインもこれはこれで構わないけど。Level5らしいし。

小説「機動戦士ガンダムAGE」
面白いらしい。特にアセム編が、というかゼハートが美味しいらしい。心情面の補完が。アセムといえば、能力者への劣等感や死んだと思ったら別人で再登場とかシャアみたいな生き方。当時は思わなかった。主人公側でこれができるのは年代記ならでは。

2013秋アニメ「ガンダムビルドファイターズ
おやうー。監督:長崎健司、キャラデザ:大貫健一、キャラデザ協力:ヤスダスズヒト。なにかとうまい、特に男同士の関係がうまい長崎健司さんが久々の監督かー。ガンプラレス三四郎か、ダンボール戦機か。戦争物でないのは残念だけど、主人公男の子コンビで長崎監督に期待したいところ。「No.6」もう一度。PV見ると仮想空間バトルみたいね。コックピットみたいだし。ガンダムGに近いか。でもさすがにガンダムヒストリーには入らないだろうね。

ガンダムW
HDリマスター版がBS11でピックアップ再放送。見てみるかと。でも早速台風でやられてた。リマスター版「出撃Gチーム」監督交代後だからもうヒイロがまとも。新キャラで添え物ヒロインが出てきたり、監督変わったんだなと思ったよな。当時この回はドロシー対カトルと思ってて、やはりそうだった。この2人は悲しい出来事で壊れて戻れた方と戻れなかった方の表裏一体だったんだね。いやしかし、女性陣の逞しいこと。次回もドロシー対カトル。