BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

ヒロアカ映画第二弾

北米で大ヒットですね。映画第三弾の計画もしてそう。第二弾は第一弾封切ってすぐに計画はじめたそうだから、やるのならもう初めてるはず。でも長崎監督がまた映画に専念してしまうので、心配だなあなんて。個人的には次は総集編でいいんじゃないかな。今期のTVアニメのヒロアカはやはり別の監督の作品って感じだし、ヒロアカの売りである、TVアニメなのに映画並みのアクションがほぼ普通だった。アクションに止め絵多かったし。監督もだけど作画の人も映画に流れたのが大きいだろうね。TVは24話あるわけだから、配分を考えると満遍なくすべきで、チーフ監督じゃないのにクライマックスに偏った力を注いでいいのか迷ったと思うし。なので、プロダクションIGの「黒バス」や「ハイキュー」みたいに総集編してもいいのではないかな。「今ヒロアカを好きになったから見たいけど全話見るのはハードル高い」という人にも総集編はありがたいものだから。長崎監督が担当した「ガンダムOO」第一弾第三弾は一見さんに優しい上にアクションで魅せる優れた作品。ヒロアカも一部新規カットを入れてくれたら十分いけるかと。初期のデクVSかっちゃんに新規アクション加えてくれたら嬉しい。ヒロアカ第二弾で、アクション作画の限界に挑戦しているような、すごい出来の映画を作ってしまったのに、第三弾で質を落とすわけにもいかないと思う。ヒロアカ映画第一弾と第二弾が逆の順番だったら、客は比較してあれ?と思うみたいなことになるわけだし。アクションもストーリーも客の目は上を求めてしまうもので。でも、オリ新作であれ総集編であれ、第三弾でも堀越先生ががっつり絡み、長崎監督が担当するなら見に行くだろうなと断言できたり。腐的視点では、第一弾は轟爆、切爆、爆切、勝茶向け。第二弾は勝デク、出勝特化でしたね。正直、押しの活躍や絡みの度合いでも映画の評価は分かれるかな。
まあ、NARUTO映画は脂ののった松本憲生さん参加で作画祭りの第3弾の後に、普通の第4弾がありましたが。それこそNARUTO映画は監督が毎回違うし、出来は様々だったし。内容も汎用性のあるネタで、NARUTOじゃなくてもいいじゃんって感じだった。原作者が関わった最後の映画はNARUTOでしかできないネタでしたが賛否両論でしたね。少年漫画で夫婦の恋愛映画は冒険すぎる。