BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

アニメと原作の「僕のヒーローアカデミア」「漫道小林」

アニメ「僕のヒーローアカデミア
娘は入試あたりから面白くなってきてどんどんはまったと。かっちゃんが面白くなってきたとか。それまでふうんという感じだったとか。私は絶対面白くなるからと知ってるから見せてたわけだが。スロースターターだったよと。それから娘はコミックスを読み初め読み返し。子供にはまともな感覚の友情努力勝利を感じてほしいと思ったり。あと体にせよ心にせよ痛いものは痛いという感覚も知ってほしいなと。その辺捻ったもののほうが多いけど、まずまともな感覚を覚えてからの捻ったものという順番がいいなと。まあ、捻ったもの好きなんだが。今娘は極北のダンガンロンパ楽しみにしてるし。さて、二期の前に総集編作って欲しいところ。長崎監督の00の総集編は初見に優しくテンポよく素晴らしい出来で。同じくバトルいっぱいで面白いの欲しいな。

「ヒロアカ公式キャラクターブック」
娘にあるよと教えたら欲しいと。買ってやったり。午後使ってじっくり読んで対談以外読み切ったと。辞典みたいなもんだから必要な時にちょいちょ見るのかと思ったのだが、おやまあ。前買ったクトゥルー神話辞典みたく。

原作「僕のヒーローアカデミア
娘旅行前にジャンプ買うと。早起きするとか言ってたのに結局私が起こし。にこにこ買いに行って帰りに方向間違えてちょい遅くなり。ナニシテンノー。旅行前ー。娘ヒロアカ読んで満足そう。そのヒロアカはそろそろスパイエピかしら。信頼関係育てて収穫と。スパイは古今東西おいしい役どころ。予想はしてるが。イナズマイレブンしかり、カンダムAGEしかり、少年向けでのスパイは絆されて迷うのがセオリー。ドラマ的にもおいしい役。ナルトのカブトみたいな悪のまま胸張ってるのもあるけど。

というわけで予想は行動からスパイは切島君かな。合宿での闘いに参加していないこと、けが人のデクをかっちゃん救出に誘ったこと、今週の悩んでる顔は何らかの指令が下った風にも見える。不審な伏線が生かされている時を待っている様子。救出ではデクに友達と言われた切島はえらく驚き過ぎな表情で。デクからの信頼が響いた描写に見えるし、だからうっかり協力してしまった感じ。一方かっちゃんは冷静で自分はオールマイトの邪魔とわかってるから伸ばされた手がデクの手でも誰の手でも取った感。その後もかっちゃんが気にしてるのはデクとオールマイトだけで、デクの言うほど切島に大してはそれなり以上の仲間感は伺えない。元々デクを誘い出すための餌がかっちゃんならいきなり誘拐された理由が付く。救出作戦はデクを嵌めるためのもの。デクとかっちゃんの関係を利用できることは近くでかっちゃん観察してればこそ分かる。かっちゃんをよくヴィランらしいと評していたし。彼がスパイなら信頼関係的に丁度いい。お茶子や飯島ほど近すぎても変だし目立たない脇がスパイでもドラマにならない。そこそこ信頼あってこそ盛り上がる。スパイでも同情可能な理由だってつけられるし。その後だってミイラ取りがミイラになるとか、敵陣にいても後で裏切るとか行動は色々取れる。「青エク」みたく二重スパイでばれても敵味方玉虫色のままという離れ業だってある。なんといってもドラマに深みが出て盛り上がるわけで。

「漫道小林」
ケンドーコバヤシの番組で堀越先生がゲスト。今構想の20%くらい物語は進んでるとか。と言うことは40〜50巻くらいの予定かな。かっちゃんのキャラは逢魔が時動物園の口の悪い乱暴なキャラが人気あったからとか。今はかっちゃんがデクより好きなくらいだと。でも1話目で酷い子にしたせいでその後動かせなくなったので鼻っ柱をへし折ったと。体育祭優勝は轟の予定だったが吹っ切れるのは早いなと急遽変更しこんな形でかわいそうだけど優勝はかっちゃんになったと。手探りで作っている感が面白い。キャラの感情を重んじて柔軟に変更しているのは良いな。ガンダムAGEでゼハートの決着相手がキオでなくアセムになったように。キャラの感情は大事。