BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

黒子のバスケ 最終巻のOVA

黒子のバスケ
75.5話。最終巻のオマケ。原作最終回でちらっと語られたストバスと誕生会。内容的にはオリジナルだけど、脚本が本編の入江信吾さんなので大丈夫だった。二次創作ぽくなく原作と同じ雰囲気。扱いの難しいギャグも本編にありえるレベルで。あとは映画日米戦のエクストラゲーム。総集編もあるけど。なぜWCのみなのかな。1期2期3期で1本ずつとか、1期から映画にしてくれるなら旦那とか一見さんに勧められるんだが。WCで描き足したいとこがあるのかな。
黒バスの脚本は1期2期は高木登、入江信吾、根元歳三、谷村大四郎でほぼ回し、たまに黒バス二次創作小説の平林佐和子。3期は根元歳三の抜けた穴を平林佐和子が埋めてた感。本編がほぼ原作通りで尺がぎりぎり。いじれないからほぼ真面目で心配はなく。懸念していたのはアレンジできるOVA。第22.5Q「Tip off」は平林佐和子の女くさく二次創作臭いギャグアレンジが酷く。でも第41.5Q「もう一回やりませんか」はまともなアレンジでほっとしたもので。二次創作小説の人も本編の在り方をちゃんとわかってくれたなと。本編に二次作者の解釈であるパロディ臭はいらない。私のキャラというキャラクタライズがかゆい。本編は本編らしく。二次創作では好きにどうぞ。それは同好の読者との間でよろしくと。

WJ
ハンター続いてる間はWJ買うよと言ったら娘がずっと買ってよ、僕アカや磯兵衛があるしと。僕アカや磯兵衛。2番手は磯兵衛らしい。磯兵衛の隙間アニメを気に入ってたから。あの放映方法はどうかと思ったが大成功か。3番手はソーマのようで。そのハンターはやっぱりとびっくりで。

僕のヒーローアカデミア
11話で2巻が終了。原作では2話分。原作の凝縮がすごいので間延び感はなし。でも毎回あっという間に終わるなあ。それぞれのアクションリアクション緩急もいい。今回先生が容赦なく痛そうで。さすが長崎監督だなと。WJ原作は重い展開で。アニメでも見たいねえ。
山賊の娘ローニャ
10話が賞を取ったそうで、9話10話見てみたり。主人公雪山遭難で怖い鳥女が現れ脅され、その後少年が通りかかり助けてくれる話。面識のあるふたりみたいだけどオーソドックスなボーイミーツガール。普通にかわいかったのでそのまま視聴しようかなと。後半面白いらしい噂もあるし。ほお、この先なかなかハード。この二人がロミジュリでふたつの山賊の抗争の板挟みになるようで。少年が少女側に攫われ殴られ監禁されと子供でも容赦なく痛々しい展開みたいね。この少年がなかなかかわいいからこれはドラマチックで楽しみ。なるほど、後半が盛り上がるわけだ。