BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

アニメ「ヒロアカ」36話37話

アニメ「ヒロアカ」
36話
アバンの麗日・青山は短め、上鳴・芦戸は、耳郎・口田、障子・葉隠、峰田・瀬呂とさくさく。上鳴、障子は原作で扱い少ないのでオリスト足してコミカルで良い。しかしオリストやはり萌えネタ入ったね。葉隠とミッドナイトに胸触るオリジナルネタ。女体脱がすが見るだけは食戟のソーマ、ラッキーを装っても女体触るのは幽奈さん。この差は女性の商売の差と同じく大きい。娘は幽奈さんは苦手。娘にはアニメスタッフはだからねえとフォロー。ラストで門の前で待つ出久・爆豪。
37話
満を持しての期末最終コンビデクとかっちゃんで盛り上がり。凝縮された1話で。オールマイトの容赦ない攻撃に、原作読んでない旦那は何度もおおっと感嘆。アニオリの攻撃のまた容赦ない。かっちゃんの派手な爆破にも感嘆。噛み付いたら口調がもごもごになったり、声優さんの演技も細かい。相談の回想が路地裏の場面でのリアルタイムの会話になったり細かい追加アレンジも面白く。火力の迫力すごくてほとんどメカ戦だったね。さすが長崎監督お得意というか。
原作で小さいコマのシーンが大きくなると想像以上にやらしかった。ぶつかったりぶつけられたりかばったり。アニオリの壁ドォォンといい、コマとコマの間の追加シーンもやらしい方向だし、デク連呼も増えてたような。すっかり二人の世界でお腹一杯。ゴール際の攻防もよかったねえ。負傷したデクは囮になればかっちゃんの方がゴールに行くだろうと思ったのに、かっちゃんはあくまで計画を変えずに身体を張ってデクを庇う。声と動作が入るとよりウェットでやりとりが色っぽいわ。かっちゃんは不本意ではなくこういう関係を望んでいるんじゃないかなとそんな感じがしましたね。原作と違い保健室で2人で寝てるのも萌え。3期は合宿から顛末まで全部まとめるならデク対かっちゃん2のグラウンドベータの対決までになるかな。巻数的にも今期と同じ6冊で2クール分になって丁度いい。また2人のバトルで締めるのは派手でよいね。ついでに前回予告の吐瀉物がキラキラしてないと思ったけどきらきらしてたわ。次回は「エンカウンター」で素顔の死柄木との邂逅。あのラストで終わるとすごい3期への引き。キャラブックのかっちゃんのエピソードが入るかな。アニメは原作のオマケは全部拾ってるからどこかで入るとは思うけど。
原作は本心や真実がセリフ通りではない時が結構あるようなので、そのまま受け取らず意味を推理したり邪推したりするのも楽しかったり。キャラブックの「怖いから威嚇して遠ざけようとしてる」という割にかっちゃんはデクに近寄ってる。これは精神的にという意味なのかなとか。グラウンドベータ後のかっちゃんの「結局俺の目標は変わってないや」は逆に変わったという意味で、打倒デク目標から本来あるべき目標になったって感じの響きだし。
ヒロアカの原作やアニメを見てる時は原則曇りなき眼で見ようと思っているのだが、時々ヤバくない?腐女子眼で見ない方が難しくない?ってときもあったり。あのときとかあのときとかあのときとか。原作を二次創作を見る目で見ちゃいけないわ。でもでも。という葛藤。
曇りなき眼ではデク&かっちゃんは初期設定のヤミクモ&轟郷勝己みたいな凸凹コンビな関係になるのがゴールと言う感じかしら。ところで、二次創作で共有されてるかっちゃんのヒーローネーム「爆心地」は初期設定のヒーローネームだったのね。
アニメヒロアカ
最終回。でも3期決定で嬉しい。死柄木がいい感じに不気味で3期への期待が高まる。ほぼ対ヴィラン連合で合宿からAFOとの戦いまで高カロリーの作画に期待したいところ。4期あるなら今連載中のインターン編。