BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

アニメアニオリヒロアカとジャンプヒロアカ

やっと小説終わったので絵と漫画を描こうかな。今回夏休み中に完成の〆切を自分で立ててたけど、ギリギリだったわ。でも漫画で描いたら絶対無理だし。次の小説は冬休みまでにはと一応ふわっと〆切設定したりして。一休みして小説、デク君視点とかっちゃん視点とどれを先にしようかなあ。原作の展開によっては響いてきそうな気もするから、そういうネタを消化すべきかしら。デク君くんたちが2年生になれるのかだって、進級前にヴィランたちが蜂起してすごい大戦争が起こらないとも限らないわけだし。うわあ。

ジャンプヒロアカ!
心操くんすごいな。声を変えるマスクとは。この手があった。味方バージョンと敵バージョンの両方のプレゼンみたい。ホークス潜入捜査と並行してるんだと思うし、展開に期待

アニメヒロアカ
ヒロアカ58話アニオリとガンダムビルドダイバーズ18話。師匠が狡い手で主人公に逆転して勝つという同じオチでした。同じ黒田さん脚本なのでお好きなオチなのでしょうか。師匠と言うものをあまり尊敬していない?そういうネタが好きなのかしら。なにか闇が垣間見える気もしたり。
ヒロアカは24時間テレビコラボアニオリ回でしたが去年はお休みでしたね。先週までの展開で休まれると飢餓感半端ないんで、放送があることは嬉しい半分、不安も半分。本編はコナンパロみたいな、映画公開前にしそうな感じでした。かっちゃんは今回もおバカで。娘とツッコミながら見てたし。デク君もオールマイトも別人。アニオリは二次創作だと割り切るといいんだろうね。
アニオリかっちゃんはいつも別人で一言。脚本家がかっちゃん描きにくいらしいから、テンプレにすると描きやすいんだろうなと。例えば轟君につっかかり切島に乗せられる改変されてるけど。ホットがクールに突っかかるのは「NARUTO」など、捻くれ者を明るいキャラが乗せるのは「イナズマイレブン」など、よくある関係性のテンプレ。でも原作はテンプレじゃないからこそ個性的でヒット作なんだと思うんだが。映画も二次創作を見た気分で。来年アニオリ映画ゼロ巻ないとわからんな。二次創作ならなんでも自由だし読むほうも選べるけど。アニオリは二次創作なのに選べない。でも、ジャンプ作品ですら原作クラッシュされてる作品は今も多いから、遙かにマシなんだな。
銀魂も基本原作通りでバトルはマシマシでコンセプトはヒロアカと同じ。初期はごくたまーにオリジナルがあって大体微妙だったなと。今の銀魂はバトルも原作通り。
猛獣キャラに間抜けさでかわいげを加味するため、負け惜しみ言ったり子供に弱かったり人に乗せられたり間抜けな弱点を持たせるキャラ付けは多いけど、かっちゃんには不要かな。アニオリなDVDCMのわざと捕まった発言や研修で子供にムキになる発言。かっちゃんは賢いし自分からは群れないけど皆が取り巻くガキ大将。弱点はデクくんだけ。漫画で活躍は少ないけど、リアルで考えると男の子の人気者って感じ。
デク君と和解したかっちゃんって欠点なくなった感。欠点って、実はデク君へのつっかかりだけだったような。最初にそれが強烈だったわけで。口の悪さって男の子の評価では全然マイナス要素じゃないし。だから取り巻く友達もいるし、勉強できるし呑みこみ早いし。でもデク君は欠点から弱点になったかもね。