BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

2015年春アニメ感想 山田くんえとたまシドニア黒子アルスラーンユーフォニアム

山田くんと7人の魔女
ブコメらしく綺麗に終わった。魔女システムも綺麗に解決。複雑なキャラの設定で先がわからないままに見てたし面白かった。原作はまだ終わってないね。ここから先もまだ話があるようで。キャラの感情がうまかった。ナチュラルで嘘がない感じ。ご都合主義ではない感じで。だから感情移入できる。
感情が不自然だと話を真剣に見ることはできなくなる。人じゃなく人形の話かみたいに見てしまう。多分感情を上手く描くそれもテクニック。逆に言えば別に話を真剣に見てほしくないならキャラが不自然な感情でも構わないとも。あえて感情移入なんて不用、軽い気持ちで見て欲しいという話もあるかと。感情移入を排除した上で話も真剣にとなると例がなくはないが物凄い個性。パゾリーニやデビッドリンチや。でもこれらは作品全体に嫌悪感とか違和感という感情が漂うかな。作者自身を剥き出しにした別の魅力がある。でも普通は感情が不自然なキャラに感情移入は難しいし感情移入できないキャラがどうなろうとどうでもいいもの。

えとたま
毎度OPから見てた娘のお気に入り。ダークホースだったけど赤尾でこさんだから娘食いつくかと思ったら当たり。キャラかわいかったしギャグのバランスも良かった。続きも作れそう。

シドニアの騎士 第九惑星戦役
ラスト2回はすごかった。バトルもさることながら星白モンスターの活躍がキモ色っぽくて素晴らしかった。エヴァっぽくて。エヴァはさらにプラスして怖いという感じだった。
響け!ユーフォニアム
最終回はコンクールで割とあっさり。他校が上手くて焦るみたいな王道熱血ノリあっても良かったけど。音楽は綺麗で心洗われる。娘が落ちたはずの子が出てると。似てるキャラかな。

黒子のバスケ
最終回。朝っぱらから娘が見たいと。EDの途中で出ないといけないけど見たいからストップと。Bパートはコミックにないジャンプ+に載ってた各校のその後。てっきりDVDのオマケにその後がくるのかと。そっちはオリストかな。後は今連載中のアメリカ戦が映画になるかな。IGだし。

アルスラーン戦記
新キャラの盗賊の娘がかわいいと娘大喜び。はじめ男の子だと思ったようだが。どっちでもかわいければよいようで。予告のエラムと口論しているのを見てお似合いだと。