BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

アニメ「俺ガイル」続最終回と小説1巻2巻

アニメ「俺ガイル続」
次に続く感じで終わり。ここでアニメは終わりなのかな。小説終わってないしいい終わり方かと。とはいえマラソン回の葉山にほぼ持っていかれたよ。和を重んじる由比ヶ浜&葉山タイプがそれぞれ男女で比企谷へのアプローチが違う比較も面白かったり。腐視点なしなら由比ヶ浜は健気でかわいかった。控えめになるしかないとこが切ない。葉山はがんがん押して比企谷に印象付けてて欲求に素直なのが面白い。

「俺ガイル」
アニメ終わったので小説1巻読み始めたり。1巻は連作短編集ぽいね。アニメ1期が小説1話でアニメ1話でさくさく進む。おやう。小説1話目の葉山についての比企谷の認識はサッカー部奴というだけで名無し。ここから葉山のまさかの成長ぶりが逆にすごいな
1巻読了。アニメでは1話目由比ヶ浜、2話目材木座、3話目戸塚のテニスの話まで。アニメのイメージそのままのキャラたち。雰囲気明るいし一期のほうのキャラが思い浮かぶ。正しくアニメ化してたんだなと思ったり。さて2巻に行こう。おや、ぐっと薄くなってる。
2巻読了。順に並んでた1巻と違い小説では葉山チェーンメール話と川崎バイト話は時間軸が一緒で混じってるね。アニメでは分けて4話と5話。由比ヶ浜の接近の理由を誤解したラストのウェットさは二期の絵柄でも合う感じ。おや葉山眼鏡してる?ここだけ?
2巻の時点では葉山はテニス事件で比企谷に負けたことから興味を持って接近してきたようにみえる。後に違うとわかるわけだが。比企谷がすごい葉山いい奴連呼してる。でもいい奴でも話しかけられて嬉しくても別に評価はするけど好きでもない感も漂う。いい奴だけど負の感情に疎い馬鹿と思ってる感。それも後で認識が間違ってたとわかるわけだが。いい人でもなく負の感情もあると比企谷に本音吐きまくり。それがわかってきて気になり逆に好感も抱き始めるみたいな。