BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

初心者のための間違った黒バス紹介

黒バスを読んでくれそうな友達のためにオススメポイント。

まず絵柄は1巻はまだまだだけど、段々上手くなり、6巻あたりからかっこいい部類になるよ。8,9巻あたりは話の盛り上がりに絵が追い付いてバッチリ。
話はベースがスポ根だけど実は能力者バトル物。スラダンに幽白混ぜたと言ってもいい。必殺技に名前あるしね。物理法則は無視してないとの作者の談だけど。キセキの世代は能力者集団(笑)で5人+黒子。
打ち切り対策で前のめりに連載してるから出し惜しみなし。熱い展開でペースが早い。単行本で一気に読んでこそ面白い。

以後腐のための人物紹介。
黒子くんはまあわかるか。冷静でわりと頑固で敬語。キセキの世代と戦う理由が微妙に変わっていくのは作者がはじめは考えてなかったかな。能力は存在感の薄さによる消える色々技。どんどん増えてる。
火神は1巻では生意気くんだけど、どんどん健気でいい奴になっていく。対キセキを炊きつけた黒子の目的を知っても実に男前で頼りになる系に。キセキではないけど能力は超人ジャンプ力かな。
黄瀬くんは1巻で登場。モデル設定の美形で黒子がお好きでのっけからくださいと言うガチな人。8巻では試合を黒子が見に来てると知ってパワーアップ、今度出る20巻では黒子の声援でパワーアップという、なにかと面白いキャラ。いきなり上位属性のコピー系能力者。これからWJで黒子達のチームと1巻以来の試合なので楽しみ。
緑間くんは2巻で登場。眼鏡のツンデレ真面目で親切なのにおかしい人。顔が安定するのはやっと10巻から。反対コート端からでもシュートが入る化物で、彼の登場で掲載順が上がったという噂。
青峰くんは5巻で登場。黒子の元相棒で親友だけどなんかもうそれだけじゃない。黒子との関係がヤバすぎ。俺様キャラなのに。6巻では試合で黒子の追い詰めっぷりがエロすぎてすごい。13巻から16巻の再戦はもう昼ドラ並の愛憎劇を試合でやってくれる。こんなエロかっこいい試合見た事無い。まずここまでは読んでほしい。能力としてはスピードと超人プレイ。アニメでの表現はすごかった。すいません本命です。
紫原くんは9巻で登場16巻から試合。でかいのに細面なのがちょっと珍しいキャラ。子供みたいなキャラで泣いたら可愛かった。でかいのに俊敏なのが能力かな。
赤司くんは13巻で登場。ずっと回想でも顔を見せず、出たらアブナイ人だった。中学時代のキャプテンなのに。でかい揃いのキセキの中、唯一黒子より少し高いくらいの身長。最近WJで初めて試合したけど、能力は未来予知みたいな?まだ他にもあるようだ。

カプは黒子中心多いか。でもキセキ内でもキセキとそれぞれの現在の相棒でも選り取り緑のよう。私は主人公贔屓なんで黒子中心。

アニメは原作の9巻はじめまでだけど、キャラデザは現在の絵柄を元にしているのでかっこいい。かつ本気のプロダクションIGで試合シーンは信じられないクオリティ。これではまったと言ってもイイ。燃える。特に最終24話25話は神回。監督は「テニスの王子様」なんで妙に腐に優しい(笑)。

長くなったけれど、どうでしょう。
ぜひ読んでくださいな。