BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

アニメ「アトム ザ・ビギニング」「BORUTO 」

アニメ「アトム ザ・ビギニング
学生時代の天馬博士とお茶の水博士の作ったアトムやウランのプロトタイプが活躍する話。原作まだ5巻しかないが既刊分くらいはいけるかな。少年向け風なのに室内、夕方、屋外とキャラの色合いをちゃんと変えてる丁寧作画。今後感ゲルト少年向けでもないかな。ロボットの心の萌芽、悩みに切り込むからからっとはしてない。総監督本広克行、監督佐藤竜雄、シリーズ構成藤咲淳一、キャラデザ吉松孝博。アニメーション制作OLMProduction I.GSIGNAL.MDProduction I.Gが噛んでたか。原作作画カサハラテツロー、コンセプトワークスゆうきまさみ手塚治虫作品のアレンジ物としてエピソードゼロとはいい着眼点。ストーリーの縛りはないが、アトムの時代に追いついてはいけない縛りはあるね。だからコンセプトワークスの役職があえてあるのかな。

アニメ「BORUTO
主役周りのメインキャラが固まってきたかな。NARUTOとも映画ともメインキャラが違うのはいいねと。ほぼオリジナルといえる企画なので現スタッフの書きやすい方向でいいかと。ヒロインもサクラ娘サラダタイプより大人しい萌えタイプのが普通のアニメは書きやすそうか。今後はわからないが。サラダもストーリーに必要じゃなきゃ特に出番ないかと。「NARUTO」のサクラもサラダもキッシーじゃなきゃ生かせないし、無理に使わなくていいと思うし。キッシー自体アニメのヒナタ萌えに引っ張られてサクラからヒロイン交替させたし。
WJの「ボルト」は全然別の方向に行きそうだね。それでいいよ。