BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

イラストと「バイオハザード ダムネーション」「GANTZ:O(ガンツ:オー)」「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」

バイオハザード ダムネーション
日本のアニメなのに字幕なのが?だったが、面白かった。バイオハザードの報で政情不安の東スラブ共和国に潜入した主人公は2人組のレジスタンスに拉致される。彼らは協力してバイオハザードと戦うが。女大統領と女スパイの駆け引きとバトル。大国の思惑。非情でクールな女性陣に対し、ウェットで友情や奇妙な連帯感のある男性陣がいい感じで。対バイオハザードだけでなく銃撃戦に肉弾戦にとほぼアクションだが、レジスタンスの悲哀というちゃんとドラマがあり。監督神谷誠、脚本菅正太郎、キャラクターデザイン恩田尚之

GANTZ:O(ガンツ:オー)」
Oはゼロではなく大阪のOね。原作の大阪編の映画化。人物が登場するまで実写かCGアニメなのかわからない。そのくらい3DCGがすごい。うますぎる原作絵はすごくCGアニメ向きだったんだなと。妖怪型星人の描写とバトル表現に特化。原作読んでる人間としては残酷描写も含め再現度が嬉しいところ。軽くなりがちな肉の重さの表現も出せてたなと。ドラマ部分は設定変更で。時間の都合もあるけど、ちょっと惜しいところ。原作では大阪編はドラマも面白いのだが。前半でえげつない大阪組に妖怪星人の方がかわいそうなレベル。後半で強力な妖怪星人の出現で力関係が反転しという皮肉。原作知ってると頭で補完するけど、知らない旦那にはイマイチと。ついでに玄野くん再生しないの?とか。

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV
ゲームが世界観で過去の話とか。主人公は兵士。戦争中の2国が終戦のため相手国からの提案の政略結婚のむがそれは相手国の陰謀だった。無精髭の登場人物も舞台がほぼ現代アメリカなのも物語の文法もハリウッド的。アニメぽいアクロバット少ないし実写でいい気も。

pixivまとめにあげたイラストです。