BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

2014年秋アニメ感想

SHIROBAKO
若い頃の水島努監督がモデルと思うと憎めないタロー。自伝じゃないにしても似たことあった?と思ってしまったり。名制作進行でなくても名監督になる未来が描かれるまでいくのかしらと気になったり。

結城友奈は勇者である
まだ中盤なのに敵を倒し終わりノリが先週。が、皆の五感が一つずつ失われる意外な展開。ほお。先が読めない。

「クロスアンジェ」
スタッフに「バディコンプレックス」の本田敬一さんが。「バディコンプレックス」もだがこれは「ガンダムSEED」の系譜ということかな。福田監督だから本家か。今期のガンダム率高っ。監督がお風呂と裸いれとけばいいとかいうメタ次回予告面白い。5話は無人島エピソードでセルフリメイクみたい。とらぶるだと聞いて見たらほんとにとらぶる。

異能バトルは日常系のなかで
7話。長ゼリフ凄い。声優さん凄い。おかげでシリアスなシーンがなんだかユーモラス。辛いシーンが苦手な娘にも見やすい感じに。

甘城ブリリアントパーク
8話。これもたまたま娘も見てたけど当たり回。身代わりに学校へ行くのに人間着ぐるみ着るとか。ジッパーが頭についてるとかシュールで素敵。

牙狼-GARO- -炎の刻印-」
8話。全編ほんとにフルモンティとか前代未聞。キャグとしてかなり面白いぞ。珍しく娘も一緒に見てたけど楽しそう。当たり回だったね。

Fate/stay night
6話。ここまでで映画版の30分経過。なにげに士郎とアーチャーの会話はこの時が初。映画版が端折ってたわけじゃなかった。士郎がここまででもかなり頑張って傷だらけね。主人公はこうでなくては。
7話。バトル回、日常回とメリハリが。今回バトル回。アーチャーVSキャスター、セイバーVSアサシン、アーチャーVSアサシン、アーチャーの士郎斬りとざくざく。アーチャーと士郎の意味深なツーショットが多くてネタバレしそうな勢い。アサシンの声を聞いたことあると娘が言うのでポケモンのコジロウとこっちの役名も小次郎か。娘に佐々木小次郎って誰?と聞かれたので宮本武蔵とのエピソードとざっくり説明。意外と知らないもんなのかな。確か私はドラえもんあたりで知ったような。

NARUTO映画宣伝番組12月2日(火)深夜2:10〜「THE LAST-NARUTO THE MOVIE-」完全ガイド修業篇」12月16日(火)深夜2:10〜「〜術発動篇」。前作のテレビ放映しないのかな。新作前にやってたもんだが。