BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

イラストと「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -」と「アナ雪2」

f:id:hiten_alice:20211125170635j:plain

オベロンーFGOから

娘がFGOの第2部6章が大好きで何度も実況動画を見る。見るどころかいろんな実況でヘビーリピート。特にオベロンが気に入ってるね。羽海野チカキャラを初めて気に入ったようで。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -」
実質2部構成。第一部はヴァイオレットが依頼主の少女の教育係として雇われ学校生活を共にするが、彼女は元浮浪児で妹と呼ぶ存在がいて、彼女に手紙を依頼する。数年たち第二部はその妹が主人公でヴァイオレットを頼りC.H郵便社に来て見習いとして住み込み、主に配達係の少年と交流する話。

「アナ雪2」
日本でなかなかテレビ放映されなかった理由がわかる。災害未遂でも津波はまずいね。
結局姉を助けるため国全土を犠牲にしようとした妹。「天気の子」と似た価値観なのは2019年がそういう時代だったということかな。こういう主人公たちには感情移入が難しい。セカイ系の中の世界は実体じゃない形而上の世界であって、他者の暗喩だと思うので、つまりそういうことかなと思えちゃうので。
もののけ姫ナウシカ(特に漫画版)も彷彿とさせるところも。というか、もののけ姫ナウシカをしたかったけど動機付けが伴ってない感じかな。

ついでにセカイ系はインナースペースともいえるかな。その場合自分が何かを救うのは自分を救うこと。自分に都合のいい世界も厳しい世界も主観的に認識する自分の中にある世界。だから自分が選択する話になると。