BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けあてんしょん。イラスト・漫画・小説と雑記など。無断転載禁止Reprint is prohibited

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」第二弾漫画

劇場版ヒロアカ第3弾記念ということで、遅まきながら「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」のネタの漫画です。思いついたのが映画見た頃なので随分寝かせてしまったけど、記念ということで。

漫画を修正して上げ直しました。

 

f:id:hiten_alice:20201209101051j:plain

f:id:hiten_alice:20201209101059j:plain

f:id:hiten_alice:20201209101108j:plain

f:id:hiten_alice:20201209101124j:plain


原作では咄嗟に身を挺してデク君守るほどの素晴らしい幼馴染コンビっぷり。映画第二弾の頃は、原作のかっちゃんの態度は軟化しつつあったけど、ここまでデク君との関係が好転するとは思ってなかったですね。今となっては不自然になってしまった台詞もあるし(自分を曲げて云々とか)。当時のアニスタもそんな未来は信じてない節が見えました。過去の過ちを認め関係の改善を目指し無駄な意地を張ることなく庇護者と見まごうほど成長。今のいい関係を第3弾でも踏襲してほしいけれど、web配信のアニオリは従来通りの描写だったので映画第3弾ではまた二人の関係は後退しちゃうかもです。次はトップ3がメインみたいだからまた違うかな。オリジナルだと会話が難しそう。トップ3の会話は原作では少ないながらもデク君と轟君の二人のWボケにかっちゃんが忙しくツッコミ入れるという東京03みたいなやりとりが面白かったですが、アニオリは大体ボケがかっちゃんになってる感じですね。おぼっちゃんで人付き合いのなかった轟君と、無個性で内にこもってたオタクのデク君。お山の大将とはいえ友人関係をちゃんと築いていたかっちゃん。誰がツッコミに回るかと言えばかっちゃんだよなと。

pixivにも置きました。

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」第二弾漫画www.pixiv.net