BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

パソコンパニックとヒロアカ

パソコンパニックで、データがいなくなったけど、データ戻ってきました。紙原稿はあるけど仕上げ前だし、webにあげたのが記録になってしまうかもと思ったけど、よかったあああ。迷ってたけども、十傑漫画やっぱウェブに上げなきゃな危機感が。作業途中。いちおー腐娘の許可も得たし。時間おいたせいか、全然大丈夫かなって思えてきたりして。大丈夫?大丈夫っぽいかな。いってもいいのかな。かわいくはない絵柄の問題はもうおいておいて。でも苦手なトーン貼りがまだ終わらない

今月中に新社会人勝デク小説、なんとか間に合いました。やっと手が離れたあ。勝デクでは社会人設定は初めてでした。(3Pは例外)社会人ネタもいくつかあるので、形にしたいところ。次はシリアス社会人勝デクの予定。その前に漫画…GWが来ちゃうじゃないかやばい

かっちゃん誕生日おめでとう??!仕事で後になっちゃうけど、なんかお祝い描かなきゃ

ジャンプヒロアカ!
免許取得後の試運転は、相手雑魚だしあっという間でした。装備の使い方グローブ?なかっちゃんの財布奪取がツボで。轟くんはアニメでも技名言ってくれるかな。今回は敵の動きがメインかな。脳無に薬に今回はアイテム。ヴィラン連合の手に渡るのかな?と思ったり。かっちゃんはベジータを意識してるそうで、だから主人公を自分だけ別名で呼んだり、なかなか馴れ合わないキャラなんだろうなと。とすると、轟くんはピッコロに相当するのかな。クールという意味では。デクくんが完璧主人公な悟空とは全然違うので、キャラの拘り方に萌えを感じてしまうわけだけど。
ジャンプヒロアカ !エンデヴァーVSハイエンドの前まで時間が戻ってたようで。やはりエンデヴァーから始まりで話は続いてましたね。ギガントも複数個性持ちぽいし。デクくんの複数個性萌芽が生かされそう。死柄木がイケメンになってきてるような。ホークスの再登場も近いかな
ジャンプヒロアカ、今回の表紙のぶっ飛び具合にびっくりしましたが、エイプリルフールの映画ヒロアカの告知ポスターのアンサーでしたか。原作はモスラとアニメはゴジラって、東宝だなあ。本当にこういう話なら今回は原作にさほど拘らず、パラレル時空に振り切ってるのかな。OVAのゾンビ話や24時間TVコラボみたく。スマッシュ風で。ナルト映画の第1作目が映画業界の話だったなと。女優をボデーガードする話だった。シリーズ第1作ながら、原作でサスケか出奔してしまい、子供時代ではきちんとサスケが出る唯一の作品になってしまったという。疾風伝でちょっと登場したけど。インターンという使える時期があるな。アニメの時期だし。梅雨ちゃん編がアニメであったからもう1ネタ。パラレルと思わせてインターンに映画業界を警護の仕事とかいって絡める手もある。かもしれない。エイプリルフールのインパクトで中身の感想が。死柄木の闇落ち経緯が出ました。おやこれは。思うところあるけどここでは。とりあえず、ショタ死柄木がかわいい。

ヒロアカ映画第二弾ニュース
ヒロアカ映画第二弾決定てすね。ただ秋からアニメ開始なのに冬映画って、時期被ってるから制作大丈夫?って心配になりますが。前回の映画もカロリーを押さえるためにタワー攻略になったんじゃなかったかな。時間が許せば舞台としてレジャー施設をフルに使い、その他のキャラの見せ場も作りたかったとかあったような。前半低カロリー、後半高カロリーだったね。冬は原作のどこの時期使えるんだろう。インターン以外のA組の人気キャラがメインかなと予想。アニスタも作りやすそう。 4期前半はインターン編でデク君切島君三年生に梅雨さん麗日さんが少し。原作通りにしてオリ展開をあまり入れないならA組ほぼ出ない。でも映画で主人公不在はないからインターンの裏はないよね。原作者はゲストキャラデザと総監修だけ担当と第1弾と同じね。原作者が原作と絵コンテ描いてくれて、絵コンテがおまけにつくならうれしいけど。劇場版銀魂ではやってたけど、連載中ですごく大変だったようでだし。あれは異例で普通は無理か。

アニメヒロアカ
4期はかっちゃんとデクくんの接触が少ないし。純粋な目でアクションアニメを楽しみにしてます。デクくんの物語としてはかっちゃんの問題が片付いたから新たなる旅立ちで新たな人々と会う冒険譚がインターン編。でも学校物は決まった人々といてたまにゲストがくるジャンル。世の中的には箱庭が人気。でもそこは二次でまかなえるとこもあったり。勝デク要素は二次で補わねば。でもアニメや映画にちょっとだけでも勝デク要素あればいいななんて。