BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

ヒロアカDVD舞台コミックスと

pixivに上げた「MHA ROG&ワンドロまとめ4」と「まとめ5」のイラストと漫画を、碧天飛天イラスト置場にUPしました。

映画ヒロアカ
DVDにオールマイトの過去話のアニメがおまけにつくそうですね。9ページしかないから7、8分で終わりそう。アクション盛って1話分くらいにするのかな。同じDVDに入るか、同梱版になるかは長さによるかな。ハリウッド実写化といいニュースが色々

ヒロアカコミックス21巻
エンデヴァーかっこいいいい!ああ、仕事の前にコミックス買いに行かねば。私はまだ読んじゃいかんが、娘が読みたがるか。今回は表紙デジ絵かなコピックかな。コピックでしたね。
エンデヴァーといい、かっちゃんといい、ひどい人だった過去はあるけど、過ちは消せないけど、それはそれとしてかっこいいものはかっこいいという、デクくんの考え方そのものなとこがいいなあと。悪い人だったけど挽回、善人だったのに闇落ち。どっちもドラマ的カタルシスがあるもので。エンデヴァーは昭和のパパ的で、他のキャラが今時のパパなだけに、懐かしい面もあったりね。困ったことに、気の合う合わないと相性は別だったりすることもあるし。パパとは轟くんは結果的に相性良い気もする。
リトルホークス、エンデヴァーの人形持ってたのね。ファンだったのね。かっこいいからじゃなくて手の届かない物を掴もうと頑張ってるとこがいいなんて、ホークスの過去も重そうな。共闘なんて願いが叶ったみたいなシチュなのに。二重スパイだから複雑なところが、美味しいなあ。ついでに、面影、雑誌掲載の時から顔のわからない影のひとりは大人になったかっちゃんみたいに見えるね。やはり。でもデクくん9人目。でも特異点でも大丈夫君は1人じゃない、わけだし。伏線が色々楽しい。

ヒロアカ舞台化のニュースにびっくり
。ナルトが舞台化するくらいだから、それなりに個性の効果は表現出来そうだけど。プロジェクションマッピングとかで。でもオールマイトは誰が。

ヒロアカハリウッドで実写化の話があるそうで。オールマイトの再現はハリウッドでしかできないとは思うし、レジェンダリーなら迫力はあるかなとは思うが。キャラクターが難しいな。一見ハリウッド映画によくあるように見える。スパイダーマンやバック・トゥザ・フューチャーみたいなのが目に浮かぶ。俺TUEEの多い日本では珍しいヒロアカの設定。ハリウッド映画では標準なので制作は作りやすいと思ってそう。でもストイックなのが日本。麗日さんが彼女になり爆豪くんが嫌な同級生になりとハリウッドナイズされそう。X-MENと比較はより以上にされるね。映画のアニオリラスボスはマグニートーだし。

 

二次元オンリー腐女子で三次元には興味なかった娘が三次元に目覚めたし。「ドロ刑」で。ドロ刑、林宏司脚本でのナイスアレンジ美味しくなってる。「信長協奏曲」でもきてたようで。こちらは西田征史脚本。男同士の関係性を作るのが上手い脚本さんは、ナチュラルに作っててもハマる


小説UPまでのぼやき
小説は出来上がったけど、イラスト書かなきゃUPできない。習作の方の1枚は彩色したけど、メインの長編の方の色塗りがまだ。さすがに仕事の後かな。
12月下旬は十傑漫画ペン入れむずかしいかな。冬休みになるからなあ。もっと早くにやっとけばよかった。小説の清書のほうは年末年始でやれそう。大人勝デクと十傑どっちにしようかと思ったけど、十傑を先にしようかと。前の小説の劇中劇でプロット書いたし。でもかなり何か違う、えろファンタジー
なんとか11月中にできそう。長編はもともと全年齢バージョンも作るつもりだったけど、娘が見せろと襲ってきたので急いで全年齢版作成。まとめもそろそろできるかな。やっと次の小説にかかれる。あ、十傑漫画のペン入れもあった。惚れ薬の続き漫画ざっくりのペン入れ済んで開放感。でも細部ペン入れと仕上げはいつ出来るか未定だなあ。冬休みがくるー!そこそこ溜まったんでそろそろ支部にまとめかな。あんまり多くするとなに入ってるか管理しきれない