BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

2018年夏アニメと原作派とオリジナル派について

「アニメキャプテン翼
イナズマイレブンなみにハイスピードで進むわ。ものすごくBLが流行った伝説のコンテンツなわけだが。邪な目ゼロでさわやかな気持ちで見てるわ。今初めて見る人はどう思うのかな。秋から中学生編らしいし好調そう。マーケットは世界か。てか、今思えばバッチリ好みのカップリングはいなかった気がする。年齢もあるか。今みたいに選べるほど豊富なコンテンツがなかった。今はいいねえ。昔の私でも勝デクがバッチリ好みだったか、今だから好みなのかは最早わからないけど。バッチリ好みのカップリングがいるってことは幸せなことだと思うなと。

シンカリオン
エヴァコラボすごかったですね。エヴァキャラゾロゾロに声優も同じ。メタネタもありと。すぐに再放送したことと、ウィキにもう更新されてたこともすごい。シリーズ構成の下山健人さんは銀魂の脚本家の一人でしたね。

「バナナフィッシュ」
ユーシスが福山潤で似合いすぎ。もうルルーシュみたいでぴったり。娘も何だかんだ見てたり。絵も安定してるし。ちょっとアッシュが華奢だけど。ディノ・ゴルツィネが故石塚運昇さん。大物が似合う声優さんでした

原作物とオリジナル派
原作物が得意な監督とオリジナル派の監督がいて。オリジナル派の監督が原作物の映画を作ると。例えば細田守監督のワンピース映画「オマツリ男爵」押井守監督の「うる星やつら」の「ビューティフルドリーマー」。私はどちらも原作にそこまで思い入れないから素直に面白かったけど、原作に思い入れあるファンには微妙な感想なよう。「血界戦線」は原作に思い入れあるので松原理恵監督のオリジナル色高い1期の綺麗でお洒落なのより、高柳滋仁の原作寄り感覚の2期のアクションコメディが好き。でも娘は原作知らなかったので、まず今風の画質で綺麗だから1期を見てたし、神楽ちゃん声のオリキャラも好きみたいなので1期の方向は正しくはある。でも話わかりにくいと言ってたから、帰納法ばかりの脚本は分かりやすくしたほうがよかったと思うけど。感覚が違うからと監督が原作を自分風に変えてしまうと、やりやすくなるかわりに、原作のヒットした部分が消える可能性がある。逆に今の感覚を加味することでヒット作に化けることもある。「犬夜叉」は原作は普通に読んでたけど、アニメ化すると池田成節の前半の勢いがあって原作準拠の後半より評価高いし。原作準拠がファンにはベストかもだけど、ライト層には一概に原作準拠が良くて改変が悪いとも言えず。
もっとも、原作愛からきた原作の良さを最大に出す方向の改変はいいね。水島努監督や岸&上江洲コンビの作品とか。

そろそろいい気候になってきたかな。ジャンプ展に行きたいところ。ヒロアカもあるし銀魂もあるしハンターも小畑さんもあるし、生原稿生原稿。