BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

ヒロアカ色々雑談

ファミマのクリアファイルゲット!チョコラBBライトも沢山ゲット。色んなカプやらに配慮した組み合わせみたいな?ついでに他のファミマ寄ったらキャンペーンしてなかった。わかりにくいね。ドリンクの棚にひそっと引換券だけ置いてある。けものフレンズみたくポスター貼らないのかな。
GW関西旅行に行ったら結構コンビニにヒロアカの絵が貼ってあったが。関西のが流行ってる?近所にないだけ?

アニメヒロアカ。
先週は原作2話分半くらいかな。B組対毒ガスヴィランの話を次回から持ってきて一回にまとめて、常闇くんのシャドウの咆哮を引きにして次回に続くという感じ。複数腕におんぶされてるデクくんが、なんかかわいいなと。
今週のヒロアカ
デクくんの鬼気迫る指示がいいね。かっちゃんの「見てえ」もいいし、「俺を守るな」もかわいかった。トガちゃんのシーンのバトルも力入ってましたね。アップもいい表情で。見どころいっぱいでした。

ジャンプのヒロアカ。今回久々に下書きですね。アニメや映画関係の他のお仕事が立て込んでいるのかなと心配ですね。昨今流行りの映画館でのゼロ巻配布本の作成とかあったりするかもしれませんが。あれは連載中だと相当きつそう。

おお、今日は物間くんの誕生日ですね。闘志剥き出しなとこはかっちゃんといい勝負なのに、面白すぎる彼はいいキャラでなごみますね。

ヒロアカは1話目からかっちゃんがやらかすから勝デクセットでヤバい見方してたけど、まずデクくんが魅力的な主人公で。人のために後先考えず動いて自壊しちゃうとこはまずヒーローとして当然として、反面かっちゃんに対して嫌な奴という枕詞をあえてつけてしまう歪みがいい。デクくんのデクくんがかっちゃんを嫌な奴とモノローグにせよ口に出してるのが主人公として面白いところで。決めつけるのは主人公として不完全なところ。でも憧れてるとちゃんと自分の心を認識してるし。嫌な奴と思いつつ憧れる複雑さ。仮に嫌な奴というセリフのあるとこを消して読むとただ憧れてるようにしかみえない。すごく大事なセリフ。かっちゃんがデクくんをどう認識していたのかはわからないところ。というか、かっちゃんは自分の気持ちを考えたりしなさそうで。デクくんのかっちゃんが嫌な奴という認識がもう消えたなら、それに反射的になる感。というか、グラウンドゼロまでかっちゃんは野生動物みたいに快不快原則で生きてた感。デクくんに苛々して不快、勝たないと不快。なぜなのかやっと考えたのねと。自己について考える、人間は考える葦というか。ちなみに昆虫は本能で生きるそう。
かっちゃんはこれからデクくんに借りを返せるといいなと。というか、かっこいいとこ見せられるといいなと思うな。個性のが凄さは見せられても、ヒーロー的なかっこよさはUSJでしかデクくん見てないという残念さ。デクくんはいっぱい見せてるのに。これからだと。
かっちゃんは落ち込んだ時、本当は1人でも時間はかかっても立ち直れるかと。でもデク君がいるとすぐに立ち直れてしまう。本来他人に弱みは見せず、自分だけで抱え込む質だと思うけど。幼い頃からデクくんがいるから。弱みみせても平気で、からかったりしないとわかってるデクくんが。でもデクくんは助けを求める人に敏感でかっちゃんも例外でないだけ。かっちゃんはそれもわかってて。それがヒーロー性とも理解してて。縋れば助けを求めてる弱さを自覚させられてしまうジレンマ。でも弱さかっちゃんは自分の弱さを受け入れたわけで。これからの幼馴染。たとえ他の人と付き合おうとしてもだ。かっちゃんは抵抗なくなった分デクくんに躊躇なく絡むだろうし、デクくんはいざという時は、まっすぐ縋りに来るのほっておけなくて優先しちゃうみたいな。幼馴染罪深いねえ。かっちゃんはつっぱってていつでも孤独になり得るけど、デクくんへの執着がある限り孤独になり得ないというか。恋みたいに。米津さんの2期OPの2番は一人称僕だけど歌詞の内容はかっちゃんみたいと思ってたり。1番のアンサーぽくみえもして。一番子供の頃で二番現在と取るのが普通なのかなとは思うけど。ちなみにamazarasiさんのほうはステインの心情じゃないかなと思ったりも。
原作にデクくんかっちゃん轟くんのトリオイメージは皆無だけど、普通にいい編成だと思うなあ。ワールドトリガーみたく戦略型アクション漫画なら。遠距離轟くん、中距離かっちゃん、近距離デクくんで作戦立てて多人数ミッションでもこなせる。
狙ってないからこそ萌える。ヒロアカもそうね。少年漫画はみんなそう。こっちが勝手に想像を膨らませるのが楽しい。あり得ないからこそ、あるといいな、いいよね、それな、と萌えを掘り起こせるのが楽しい。とはいえ曇りなき眼で見てるものの方が多いけど。