BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

「ラブセメタリー」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」12巻

BL読書
「ラブセメタリー」
木原音瀬著。雑誌掲載で読んだ。表題作と「あのおじさんのこと」「僕のライフ」の3本の連作にプラスおまけ。1作目に登場の人物が後2作とおまけに緩く共通。こういう作りは結果的な連作かな。1作目は自制する者、2作目は第三者、3作目は犯罪者と視点を変えてテーマに切り込む。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」12巻
いろはすの発案で生徒会でプロムを行うことに。雪乃だけが協力し見守る比企谷と由比ヶ浜だったが雪乃の母親の介入で暗雲が立ち込め。奉仕部の関係の決着は次の巻に続く。個人的にはp159に葉山が出番があって嬉しいなと。やはり回りくどい比企谷と葉山の2人の会話がよいな。

「殺戮モルフ」単行本黒塗り事件
外薗昌也さんの名前にびっくり。ホラー漫画試し読みサイト『恐ろし屋』も運営されてるし、もう恐怖漫画家なのね。問題のシーンはここで見れるらしい。このサイトでは懐かしい漫画家の名前もあって、現役なのねと嬉しくもあり。創作の自由を規制したがる人。かつ日本の文化自粛。結局自分の秤で他人を裁くことで困ったもんだが。今はネットという発表の場があるのが幸い。シャットアウトしても見たい人は見る。だから紙の本が危機になるのかも。アニメなら放映で加工してもDVDで復活は普通。楽しみにしてる購買者への謝意だし。特に見たいとかじゃなくても、元の画面に規制が入ると画面が汚れて目障り。「化物語」でも民放なんで規制したの?って感じのシーンもあるし。凄い頑張ってる作画だったり綺麗なシーンだったりするのになと。一般民衆としては実際の犯罪を取締り被害者を守りして欲しいが、効果もわからん理由で犯罪者でもない人を規制して欲しいとは。弱い者いじめにしか見えない。足や金を使うより楽なことをして何かしてるつもりになってるよう。昭和の時代に手塚治虫永井豪がこれと闘い虐められていたからやはり考えざるを得ない。その世代の子供たちが大人になってもまた繰り返すのかと。気休めなんていらないし。ならまず街灯を増やしてくださいと。