BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

アニメ「僕のヒーローアカデミア」「ハンター×ハンター」連載再開

アニメ「僕のヒーローアカデミア
Aパートあっという間で。爆豪VS麗日。アニメになると爆豪が爆破の火力小出しなのがわかるね。エフェクト派手でも麗日はあんまり火傷ダメージ食らってない。相手に対して警戒してということだが、手加減ではないとしてもデクの時との火力の違いが歴然。強力な個性故にセーブして使うことに昔から慣れてるかと。咄嗟にも本気は出さない慎重とか冷静なところ、みみっちいとも言われるが。人を殺せる能力を持った人間故、力量差が歴然とした相手に本気は出せないし出せないかと。麗日の後ろにデクを見てるが故に作戦があって迂闊に出力出して後に響くと困ると考えてもいたと。でも、油断してナメプしてたら勝ってた。爆風で一気にふっ飛ばして場外狙えたな。もしデクが協力してないと知ってたらそうしてただろうなと。まさに麗日の言う通り油断しなくてありがとうということで。ついでに麗日のバトルの他にバストの盛りが、うん盛ってるね。
デクVS轟は拮抗した本気のバトルだからデクも轟も大出力を遠慮なく相手にぶつけてたり。ふたりとも不慣れな力だからこそ考えなしに相手にぶつけられたとも。よってセーブした闘いの続く中で振り切った戦いを爆豪に見せることに。会場壊すほどの二人の戦闘を見たからこそ、その後は爆豪も相手に火傷させても構わない出力で戦ってる感。理由なく本気でデクとは戦うことは許されない。自分が本気でもデクが本気を出さない。轟はデクと戦える機会を得た。轟の事情を盗み聞きしたから、彼を助けるためにデクは本気を出しているのだと自分だけはわかっている。お互いが本気だと物凄い戦いになった。こういう戦いを勝己は望んでいるわけで。悔しくないはずがなく羨ましくないはずがない。勝己はデクより上にいかなきゃ意味がないと叫ぶ。デクと戦えないなら、自分がデクより上だと思えるために轟に本気を出させなきゃとなると。本気の轟に勝てば自分はデクの上だと感じられるのだと思って。実際はグラウンドベータで、あれほど渇望したデクとのガチバトルに勝利してなお、勝ったとは思えなかったかと。爆豪掘り下げると面白い。
Bパートはかっちゃんとの会話とエンデヴァーとの会話の二つともに緊迫感あってよいねと。開始前までのとこ次回もアバンでやりそうな。
デクは父親と疎遠な設定。父親は男子にとってまず1番目の人生の指針。父親との縁が薄い場合は自分の目標となる人物を意識的に外に求める。デクにとってはそれが最初は勝己。のちはオールマイトとなり。かつ親父越えが男子の目標。勝己は目標の一部で参考資料でなりたいのはオールマイトになり。
兄がいれば目の前の目標として兄越えもある。この場合抜かされまいと兄側も弟を意識をするので親父とはまた違う。デクと勝己は兄弟的でもあるというか。デク側の勝己の模倣と追走、勝己側のデクより上にいなきゃという拘りは兄弟的というか。
本能みたいなものだからどうにもならないところ。

ハンター×ハンター
6月26日から連載再開。コミックス34巻も発売だそうで。豪華客船での話の続きだね。すごいとこで終わってたから楽しみ。