BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11巻

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」11巻
依頼から生徒会バレンタインイベントに発展。楽しげなのに違和感を感じる比企谷。葉山も楽しさの輪にはいず。皆は自然にふるまえるが自分はそうではない。彼は選んだ優しさと虚飾の関係の結果を甘んじて受け入れている。アニメでは普通に楽しそうに見えたイベント。陽乃は欺瞞を指摘。比企谷の影響を認めても葉山は敢えて己の道を選んだ。それと逆に雪乃は依存。アニメの時は奉仕部が内包する問題は三角関係に見えたが小説では違う感。由比ヶ浜は2人が両思いと思い葉山グループ同様に現状維持を提案。だが比企谷は彼らのあり方に歪さを感じたため是とできない。凛とした雪乃は陽乃を意識しててもその姿では比企谷の憧れ。彼女が孤高であるために比企谷は己を足枷と思っている感じも。彼らの認識はズレつつも欺瞞を是としないと一致。奉仕部のあるべきあり方は次巻。今回繋ぎの巻という感じ。