BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

「ヤングブラックジャック」

ヤングブラックジャック
ベトナム編その1。内乱の哀しさ、そこに介入したアメリカ兵と現地民との意識の齟齬。重すぎずエンタメの範疇で戦争のやりきれなさを表現できるのはさすが。高橋良輔さん以下ボトムズスタッフならその辺の感覚に手塚治虫とのずれが絶対ないという信頼があるね。その辺がずれた戦争物は個人的になんか気持ち悪いというか。戦争が遠い世代や興味のない世代にはずれてるくらいが丁度いいのかもだけど。抗争や喧嘩とはわけが違うし。そうなる流れの中では避けられないし。善悪も白黒もない。だから悲しい。そこは大人向け子供向け関係なく感覚的なもので。
普通の感覚の中で兵士、記者、医者のそれぞれの戦場でのあり方を提示してたかな。来週はゲリラも出るし。予告に出た若きドクターキリコの出演が楽しみ。おお、キリコかっこいい。まだ安楽死医師になる前ね。
池田成さん参加してるので「ガンダムW」について。これもはじめはガンダムが奇襲ゲリラ戦では効果を発揮していたものの、戦火が広がるにつれどんどん無力になっていくのがリアルで。そりゃあそうだよなあみたいな。たった5機で俺TUEEEなんて到底無理と。それでも子供向けだったわけで。時代だね。