BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

デュラララ×2承デス・パレードアルドノア・ゼロ

「デュラララ×2承」
帝人と青葉が対面。青葉は下野紘らしい人懐っこい後輩ぶりに細かい表情に早速胡散臭い感じもうっすら醸し出しててよいね。小説の帝人闇落ちエピソードはとても好みで面白くて13巻までがっちり引っ張られた。後半くらいに始まるかな。彼らのターンが来るのが楽しみ。

デス・パレード
娘食いついた。マッドハウスらしい外連味ある画面で癖があるけど、世にも奇妙な系って子供にも入りやすいようで。ゲームで天国と地獄行きを判定される話。娘は面白かったから元の作品「デス・ビリヤード」も見たいというので見せる。こっちは結末が玉虫色だったのね。

アルドノア・ゼロ
やはりアセムとゼハートよろしく敵意ある主人公と敵意ないライバルの構図に。1期はこのルート入りに苦戦した感。いっそガンダムageと同じく敵地に潜入し接触してれば自然だったかも。二番煎じでベタでも。浅田次郎さんがベタが一番良いんだと。ベタは皆が期待する展開だと。Xラウンダーみたく先読み能力やデシル見殺しみたく上司見殺しとかなりage。アセム編と同じ和解エンドに千点。「俺ならこうするage」として面白く観察中。
ただ、作戦は杜撰なのに相手が間抜けでOKは2期もか。頭だけで作らず専門家に相談すれば。嘘でもおかしく思わせない見せ方あるし。少なくともGレコの方はそういうツッコミどころはない。やはり作戦とか戦い方とかロボット戦物の名人と初心者は違うか。「俺ならこうするage」でなきゃ見てないかも。