BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

ガンダムage最終回

ガンダムage
アニマ49話最終回まで無事放映終了。ミスもなく全話ゲットで嬉しい。47話から纏めて見るとほとんど尺不足を感じさせない。ガンダムは群像劇だから幾つものドラマの決着でいつも最終戦が盛り上がるね。フリットのミサイル打ち上げは武器を捨てることによる和解の意志だけど。ちと危険なデブリ放流かも。子供フリットに戻る瞬間は何度見てもいい。
46話での攻撃で味方軍削減ピンチ、47話で味方の反撃で敵軍削減チャンス、48話船離脱敵自滅と司令部かつフリットのドラマは1話ごと。その裏でキオのドラマはそれと共有せず。大量殺戮への驚愕、ディーンの死での爆発、フリット説得、ゼラ救出、イゼルカントと心話和解と心理的に変化する続き物。
映像通信が多用されて効果的だなと。オブライトの最後でのアセムとの元同僚の会話。フリットの改心のシーンでのキオとアセムの会話。同じくフリットとホッとしたアルグレアスの会話。カットを切り替える手もあるけどその節約かもしれないけど、この方がシーン切り替えるより会話してる感がある。ついでに最終回で敵とは音声通信のみだとはっきり描写されてるね。映像可のMOEとの違い。あれは臨死以外でもアセムと対面させたいゼハート救済のひとつか。
イゼルカントとの対面の場で反抗すればゼハートは即反逆罪だし。もし中途で離反してもディーンと同じことに。ディーンは約束した待てない賭けるしかないという。それはゼハートの焦りの代弁のような。 最終回で描写されたイゼさん瀕死の状態。それがあったから理性のない戦い方に。48話。レギルスvsDHおそらくアセムとゼハートの何度も戦ってきたのにはじめてのガチバトル。アセム脊髄反射的戦い方で頭部破壊までがおそらくワンセット。パンチを途中で止めるのがやはりいい。ゼハートがアセムと話しながら足が動くか確認して、話終えてからキックするのもいい。

娘も「ガンダムage」視聴
47話から最終回見てる隣で娘も見てる。なんでつけてるのとか言いながら。1話からつけると見てるから、娘いる時つけてるとなんとなく見てるし。ザナルドのフルボッコにはゴリラ呼ぶし幻影デシルにはウケてたけど。ゼハートの兄さんだと教えると驚いていた。48話49話は真剣な顔で見てる。銅像シーンでふたりの顔が見えないと娘が言うので中年キオ老人アセムの設定絵を探して見せる。娘大ウケ。その後デシルの画像を見る娘。娘はデシルがかわいいとお気に入り。残念なデシルにーさんになってしまうビフォアアフターもネタとして楽しんでる。