BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

ガンダムageとベイビーステップ

ガンダムage
また見てしまい仕事に(中略)。18話19話はアセムの笑顔が一気に減る。初陣戦闘時とアリーサの尻叩き時くらい。この先笑顔が益々なくなり荒れる前のまだギリギリのところ。学生時代は穏やかな笑顔が多い。かなり多い。ゼハートが惜しむものの印象付けの意味かな。重力下のゲシゲシ何かにぶつける地上戦もよかったけど宇宙戦もいい。アセム初陣で2機を1発で撃墜してた。キオも初陣で同じ技を狙うね。どっちも日野さんが関わる脚本。あえて親子で同じ技で血は争えないとフリットは思ったかも。だけど意味は違う。アセムの場合ディーバがもう1機に攻撃されないよう一気に撃ち落とす必要があるとの判断。後で命令違反と怒られるけど。ついでにウルフはこの時のような奔放な戦い方を評価し後の悩むアセムにかける言葉の元にもなる。キオの場合戦う相手が人だという意識がはじめからあったアセムと違いそれがない。相手は悪との刷り込みもあるし。ゲーム感覚でより高度な技を試したいのと、かつ全記録されシュミレーターにもあったであろう父の戦い方を模倣したかもと。キオはシュミレーターで父に会える。ずっと心の欠けを欠けと気づかず埋めてたのも垣間見えたり。

ベイビーステップ
「芸術の技術」おお!今回テニスアクションがすごい。よく動いてていい。眼福。今までわりと止め絵が多かったけど、作画さんが慣れてきたかな。ハイキューのバレー、黒子のバスケ、弱ペダの自転車、ピンポンの卓球みたくアニメならではのスポーツアクションも期待していいのかな。

神様ドォルズ
再放送。いいねえ絵もきれいだし。原作の絵は女の子はアニメ向きで男の子は難しそう。男の子の方が好きな絵。1話目は原作3話分。8話の初めまでで1クールか。原作は12巻で終わりだから続きは難しいかな。アクション多いし。主人公のガチバトルはアニメ映えしそうで見たいけど。