BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

木原音瀬読書

「ROSE GARDEN」
少年は森の館で同居する天使と悪魔と知り合う。天使は悪魔に羽根を食われ天に戻れず嘆き悪魔を嫌い、悪魔は天使に罪悪感と好意を抱き世話をする。羽根が生えかけたのを隠すため天使は優しくなり悪魔は喜ぶのだが。健気過ぎる悪魔と美貌の愚かな天使のすれ違い。メルヘンでも結構血生臭いところがらしい感じ。続きは悪魔に拒絶された天使と優しい娼婦の交流と成長の話でかなり正統なメルヘン寄り。人は愛しているから罪をおかす。
「熱砂と月のマジュヌーン」
アラブの架空の国が舞台。富豪に奴隷として買われた美貌だが残念な主人公は父親の行いを償うため酷い目に。後半は奴隷付きの使用人の視点。絶望する奴隷に希望を与えるため偽りの恋愛を命ぜられる。後日談では純愛に気づき本心を知りたいと放逐後の奴隷を探す。富豪は怜悧で部下思い。視点が変わる後半では奴隷の美貌表現が増え、見え透いた愚かさが哀れな不器用さに見える。恋愛を知らない使用人だったが、傷ついて自分を求める奴隷に自覚する愛は倒錯風味。獣can注意。
「片思い」
「あの人」と2冊分合体で分厚い。元高校同級生3人連作。口の悪い主人公はずっと馬鹿にしてた呑気な友人が気になり、結婚話に動揺し酔って押しかけ一夜明かし後悔する羽目に。後日呑気なはずの友人は容赦なく問う。続きは第三者視点で会社キャンプの2人の話。
「あの人」元同級生3人の残り1人の理系学生主人公。大学講師の自分への好意を知り警戒するが火事を機に親切にされ性格が合い物に釣られ交流する。講師は勘違いし主人公は同情で曖昧。自分の心に鈍感。慈悲は愛ではない。続きは講師視点のその後の2人と講師の妹騒動。片思いが猪突な話ならあの人は臆病な話。
「情熱の温度」主人公の高校生は噂が元で自殺未遂した教師の監視を父に頼まれ家事をさせる。教師は噂の出処は主人公だと疑い嘆く。心配で構ううち教師は落ちつき仲良くなるのだが。お人好しで一途な高校生が健気だし真面目で悲観的な教師もいい。続きは教師視点。大学生になった高校生が隣に越してくるが、教師に様々な災難が。
「センチメンタル・フレンド」
主人公はヒモだったが追い出され旧友に会い同居する。医師である旧友は高校時代自由な主人公に憧れていたがそれ故いつかいなくなりそうで不安。揉めて主人公は出て行き事故に遭うのだが。今が良ければいい方と確約が欲しい方の軋轢。
「深呼吸」
主人公は20年勤めた会社をリストラされ弁当屋でバイトしているがリストラした元上司が何故か毎日買いに来る。徐々に拘りが消え仲良くなるが。続きは元上司視点での会社の頃の回想から再会と倫敦散策。気難しい元上司と穏やかな元部下で2人とも敬語。