BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

バディコンプレックスとFate/stay night

バディコンプレックス
第7話。シンクロの原理と謎の設定が明らに。逆に基準脳波が主人公だとシステムの開発時に過去の主人公が関わってるみたいな新たな謎が。落ち着いた感じで大人陣が渋い脚本でやはり浦畑達彦さん。バディの選択とヒロインとの二度目の邂逅と一気に進んだ。風呂敷畳み始めてる?でもキャラ関係は畳めても戦況は全然畳めそうにないのだが。戦況の行く末までゆっくり見たいけど。春ドラマの継続予定にないのが残念。二期来ないかな。無人島2人といえばガンダムSEEDを思いだす。筋が王道で脚本が落ち着いてて土台がしっかりしてて、安心できるから作画や演出で若手がオーソドックスに技術を磨ける感じ。最近以外と王道が少ないし。帰納法的な引っ張り方はロボット物では珍しいから完全に王道でもないね。
第8話。無人島二人きり回。とはいえ予想通り爽やかだった。ある意味テンプレ破り。こっそり通信回線を使わせてあげてそれぞれ無事救出される。お互い正しく認識。話が進んだけれどやはり両軍の雰囲気がいいだけに益々第一話へのルートが見えないぞ。脚本はageの木村暢さん再び。
第9話。敵軍にも同期システムを知る安定の子安ボイス科学者がいるのが判明。時間切れを狙ったミサイル弾幕攻撃を口喧嘩で打破するバディ。違うか?青葉は元の時代に戻りたかったのね。でも脳筋相棒にぶった切られ。感傷に浸るのを許さない作風。ヒナがよろめきビゾンに第1話の片鱗が見える。。同期システムがタイムリープシステムという新たな設定も判明。タイムスリップに繋がるかな。博士退場早っ。中佐がわざわざ特務武官を助けたのは責任取らせるためね。べそをかく特務武官殿は可愛かったり。
文化継承
子供の頃時代劇は多かったけど、今はNHKくらい。散々見たから大河以外さほど見たいとは思わないけど。でも全く作られなくなるともう作りたくても作れなくなる。時代劇の衣装や所作や文芸など世界を作れる人がいなくなると。なので途切れさせないように作られ続けているような。メカ物のアニメも作られなくなると描ける人がいなくなるかもしれない。ことデザインから動きから難しいだけに。作ったことのあるところしか作れない。やはり継承していってほしいもの。

Fate/stay night
アニメはやはりセイバーfate編かな。翌年アーチャーUBW編、翌々年桜HF編で3年いけるし、そっちは映画という手もある。UBW編は映画じゃなく長いバージョンで見たいけど。zero風に前と違いアクション中心ならリメイクもかなり違った感じになる。かなり楽しみだったり。zeroラストの士郎かわいかったから楽しみ。

ニセコイ
これはこれでオシャレアニメとして楽しんでるけど、同じ女の子ハーレムアニメとして「ウィッチクラフトワークス」みたいな演出のが合ってたかなと最近思ったり。