BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

「COLD SLEEP」シリーズ木原音瀬

「COLD SLEEP」
交通事故で記憶喪失になった青年が主人公。自称友人だという男が現れ同居する。主人公は以前の自分は暴力男だと知る。調べたことを怒る彼は何かを隠しているが主人公には彼だけが頼り。喧嘩した夜に寝ぼけた彼とキスしてから主人公は彼に惹かれ仲良くなる。彼は大事にしてくれるが昔の自分に拘るのが主人公は辛い。彼が自分を守り刺されたことで主人公は事故の真実を知る。加害者は事故の被害者の姉で主人公は償いを誓う。主人公は彼に記憶喪失になり良かったと言い告白、彼も告白。同時収録「同窓会」は同窓会で告白する話とその後の話。
「COLD LIGHT」
前作の彼が主人公。青年が恋人同志を望むが断る。主人公は記憶喪失前の彼に憎まれていた。回想。主人公は旧家の生まれで、母親に支配され車椅子の父親とは確執。自分は母と伯父の子だと知り悩む。父親が認知した孤独な少年が家に引き取られ、主人公は彼と仲良くなり惹かれるが悪戯してしまう。彼は盗みの疑いで母に折檻されるが主人公は助けられず、彼は信頼を裏切った主人公に怒り姿を消す。五年後現れた少年は暴力男に変貌。父親と血縁ではないと知り傷つく彼を主人公は密かに見守る。現在。主人公の妻子を見て彼は家を出ようとするが、離婚してると知ると憤り迫る。主人公は記憶が戻った時を恐れていたが腹を決め恋人同士に。主人公は過去を全て語る。
「COLD FEVER」
記憶が戻った青年が主人公。目覚めると見知らぬ部屋で六年間が空白。彼と同居していたという。彼は唯一優しかったが裏切った愛憎半ばする人。主人公は彼の存在に安心するが頑な態度で同居を続ける。六年間の自分は恋人もいて幸せで皆に好かれており、その違いに悩むが、彼だけは自分を見てくれると信じる。しかし主人公は六年間のアルバムを見つけ恋人とは彼で自分は彼に弄ばれていたと憤り彼に乱暴する。だが次第に行為に溺れ事故の真相を知り気持ちが変化する。主人公は彼の不在に錯乱するほどの依存を自覚するが彼を傷つける自分に途方に暮れる。距離を取ると彼から別居を提案され、主人公は彼の思い人は記憶喪失の自分と知り憤り彼のアルバムを捨てる。彼は嘆き去りかけるが主人公が慟哭して縋ると彼は側にいると言い、思い出を処分する。彼は何度も信頼を裏切り六年間の自分への嫉妬は苦しい。でも彼に側にいて欲しい。後日談ショートはべったりから安定までの彼らで幸せエンド。

3部構成。平和な1,2部より辛くて痛い3部がやはり好み。
個人的な不可能配役。20代後半の小池徹平と20代前半の玉木宏と子役の神木隆之介でドラマ化見てみたいと妄想。