BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

黒子とアルペジオと009と

黒子のバスケ
37話。温泉回。パイ対決はヤバくならないように頑張ったなあと。黒子と青峰の対面が漫画での体感時間より短かったかな。もっとじっくりこう。ところで、今回はウルフ、アッシュ、ゼハート、ラクト、主人公チームのアセムとジョナサンもあわせてガンダムageにも出てた声優さんがかなり出てる。みんなガンダムageと全然違うキャラなのも面白い。

アルペジオ
イオナと姉妹艦2隻との闘い。前回融合したタカオがプログラムとして生きてた。人間らしさを自覚したイオナが姉妹に戦いたくないと嘆くが通らず。しかし戦いの中で姉妹はお互いを思いやり、人間らしくなっていく。しかし結局2隻とも撃破消滅。執着という人間らしさを持ってしまったキリシマ登場で幕。前半はマヤを吸収して球体の浮遊戦艦と化したコンゴウとの燃える戦艦戦。後半はイオナVSコンゴウのタイマンでの肉弾戦と心の戦い。制御できない自身の心の変化に苦しむコンゴウが良いねえ。イオナがミサイルを次々ジャンプするシーンがかっこいい。ミサイルジャンプは『009 RE:CYBORG』にもあったけど、こっちのが進化してる。絵コンテの違いかな。

009 RE:CYBORG
謎の命令を聞いた人々によるテロの続発。最後はジョーの願いで神的存在にみんな救われる。天使とか少女とか何かを探す話展開とか押井守風の記号がちりばめられてる。でも違う結末。押井守への思いに溢れてるのはわかる。こういうのを押井守に演出してほしい気持ちもかなりわかる。だがなるほど。これは押井守は辞退しそう。活劇多いのはいいね。ただ、009と002の喧嘩の動機がリーダー争いってのはないわー。

ドットハック セカイの向こうに
娘がファイナルファンタジーみたいと言いながら見てる。勘違い三角関係もワクワクしてる。「ソードアートオンライン」の元祖みたいなもんだし。でも時代を感じるな。昔見た「.hack//SIGN」は長過ぎた印象だけど映画のボリュームならちょうどいい。同じ伊藤和典脚本か。

ガンプラビルダーズ2013」
めざましで特集。ジオラマすごい中、優勝はジオラマじゃなくプラモ自体のクオリティを上げたものらしい。それもありなんだ。

コッペリオン
遥人のターンでした。キャラはよかったなあ。コッペリオンのオアシスでした。人間に対し複雑だった彼の主人公への思い入れと人間を助けての自己犠牲。アクションも良かった。