BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

2013年夏アニメ感想


ガッチャマン クラウズ
立川駅周辺が出たね。「とある魔術」でも立川駅だったし。さすが中村健治監督らしいおしゃれな感じがよいな。バトルもあってアクションもあるし。男の子は「釣り玉」のキャラと似てる。女の子が元気でやんちゃでかわいい。2話目。意外とこれは本命かも。世界観や物語をしっかり構築してるし、謎があるし、キャラクター配置や掛け合いが新鮮で先が読めない。絵柄もライトで色気あるし。ガッチャマンで企画されても監督がまったく別の作品にしててが大正解。

「魔界王子」
3話目。面白かった。別の意味で。主人公に自分を覚えてないのかと言う悪魔のシーンが妙に色っぽいというか。すれすれのとこを楽しめそうな匂い。1、2話目が主人公も悪魔もコメディぽくキャラもいい感じに面白い。と、そこに別の意味で情緒的なものぶっこんできた。いかにもそっちっぽい話なら全然思わないんだが。違うと思ってたから美味しいなと。まあ、BLじゃないと思ってたものにいきなりBLぽいものが混じってくると予想してなかった分よけいに面白いという話。次の話からは雰囲気普通に戻ったが。

blood-C
最後数話の種明かしと大虐殺がすごいらしいので10話から見る。本放送では序盤で挫折したから。平坦な日常物も好きだが台詞が面白くないとだめなんで。でもこの話はどんでん返し物だったから日常物として見てたのが間違い。水島努監督だし目的ある演出なんだな。でもって最終回は見事な残虐ホラーでした。水島努監督作だと「アナザー」の系譜・しかしえげつないシーンには影や光とぼかしがいっぱい。dvdだとこれがないのかな。クランプキャラですごいな。

有頂天家族
娘が偶然見て食いついた。かわいいと気に入ったらしい。私は今はながら見だけど後半はブーストかかるかなと期待して見てる。娘はあと夏アニメでは「ローゼンメイデン」「ガッチャマンクラウズ」「銀の匙」を楽しみにしてる。今期は多いな。質の高いのが多くて嬉しい。

アニメH×H。
今週はゴンとナックル、キルアとシュートの手合わせ。キルアの戦いが緊迫感があって良かった。戦い自体ではなく精神面の緊迫感。自分を縛る呪縛に対して抗することができないキルア。イルミやビスケが何度もオーバーラップしてさらに追い詰められる。シリーズ構成の上代務脚本。

進撃の巨人
久々にかっこいいのきたね。女型の巨人。でかい早い恐ろしい。その上美女。娘も目が釘付け。ミカサに似てると娘は言う。お楽しみに言わない。

宮崎駿監督作品。
風立ちぬ」で宮崎駿監督が趣味的な自分の好きなもの作ってもヒットできることを証明できたのは良いね。「紅の豚」のトラウマが払底されたかなと。商業映画でごっつ趣味的なもので勝負するのは怖いこと。その趣味的な物しか作ってない押井守の「スカイクロラ」が宮崎駿だとこうなったという感じも。作家のパーソナルな部分が反映されてる話は好きなので、風立ちぬも楽しみ。宮崎映画のフェイバリットはもののけ姫。エコテーマへの迷いが出てて面白い。時代時代での正義があるわけで、あれは自然破壊批判ではなく生活圏を巡るいわば縄張り争いと割り切ったほうがスマートだったなと。もののけ姫の結末から続いたように漫画版「ナウシカ」でブラックにハナガサイタヨしてしまう。宮崎駿がこのテーマで行き着く先がここだと。「千と千尋」は初めの湯屋に行く前が良いね。妖怪化する町と変貌する父母に異国で迷子になるという幼少期の悪夢のようで。