BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

冬アニメ総括など

ガンダムUC
ファースト回帰とは聞いてたけど2話目は絵だけじゃなくかなり回帰。福井晴敏作品だけど、富野ガンダムのオマージュががっつりでセリフもかなり富野調。「大人は?」「子供は?」「君は何々すべきじゃない」「見せてもらおうか?」など懐かしい。ヒロインミネバ・ザビが感慨深い。しかし、富野ガンダムの二次創作とも見えなくもない。今まで富野ガンダム以降のガンダム作品で感じたことはなかった。XとGは分からないけど。ガンダムを使った別作品でよくも悪しくもそれぞれの個性。まあ二次創作的な試みといえるか。

ガンダムAGE
『MEMORY OF EDEN』なるアセム・ゼハートを主軸に再構成した作品が出るようだ。つまり二部三部の総集編だろうけど、新カットも多そう。いいねえ。AGEはこの2人の男同士の友情と反発がもっと多ければと惜しいアニメだった。

絶園のテンペスト
後半に入ってラブコメになりライトで楽しくなった。今回ガールズアクションが力入ってた。やはり原画に田中宏紀さんの名前が。

サイコパス
最終回。コウガミ・槇島の対決の決着は着いたけど、続けようとすれば続けられる終わり方。部署は新体制になったけど、脳味噌群による支配はそのままだし。社会は変わらないからそっちいける。脳味噌群といえば「NO.6」は体制破壊で終わった。「009」は脳味噌は3つだったなと。

「マギ」最終回。
いい最終回だった。好評につきなのか、秋に第二期だそうで。でもマグノシュタット編って、今連載中の話だよね?尺足りるのかな。でもって雑誌ではそのあとシンドバット外伝連載始まるようが。

のび太の新魔界大冒険」
石化したのび太ドラえもん見て原作漫画思い出した。脚本はハガレンFAの映画「ミロスの聖なる星」と同じ真保裕一さん。今のドラえもんってギャグがダイナミックというか、オーバーアクトというか、あんまり見たことないからちとびっくりした。

「ももへの手紙」
プロダクションIGの絵の上手い人たちがいっぱい。人体を難しいアングルでしれっと描いてるとこがすごい。ほのぼの面白かったけど、ジブリっぽいかな。

映画「ドラゴンボール
お話は鳥山朗で脚本は渡辺雄介さん。実写のイメージの脚本家だよね、未来日記とかブラッディマンデイとかと言ったら、旦那に全然意外じゃないと言われた。ほんとだ、むしろぴったり。

WJ「銀魂
女版銀さんがえらいかわいい。九兵衞見て娘は高杉?と。アニメでやるなら声優が変わるか気になるところ。娘に女版と男版のどっちの銀さんがいいかと聞いたら即男版のがいいと返答。九兵衞も神楽ちゃんも定春も元のがいいと。神楽夏侯惇ー。近藤さんも美人で。沖田君は予想を通り。土方さんは予想を盛大に裏切る。

神様ドォルズ」最終回。
待ってましたの匡平と阿幾の対決だった。ずいぶん待たされた。ボーイミーツボーイだったんだなあと思わせる阿幾の最期は近年久々に見る余韻があった。最終回までいったし、アニメも第二期しないかな。再放送もしてほしいし。