BLUE HUMAN

碧天飛天のサイトです。腐向けイラスト・漫画・小説リンクなど。無断転載禁止Reprint is prohibited

黒バスと 「ROBOTICS;NOTES」

黒バス再放送
10話、11話。10話は緑間戦はじまり黒子の弾道パスがかっこいい。これですごいかもこのアニメと姿勢を正した覚えがある。11話は動きがいいなあ。パスカットとか止め絵もいい。作画監督後藤隆幸さんだった。旧H×Hとか有名だ。でもまろやかな感じの絵だったような。
黒バス再放送12話。火神の暴走と黒子の鉄拳回。今回も後藤隆幸さん作監だけど、顔とかチェックしきれてない絵も。すごい動きはなかったけど、暴走する火神は迫力があって良い。鉄拳の黒子もいい絵でした。
黒バス再放送13話。緑間戦決着に青峰登場。動きもすごく多いし全部良かった。見応えある。イグナイトパスかっこいい。絵コンテ多田監督。作画監督はまた後藤隆幸さんに、さらに何人も作監がいるというすごい布陣。さすがに作画の荒れもなかった。
黒バス再放送14話。お好み焼き回と青峰&火神の邂逅回。この回はもう一度見たかったので嬉しい。お、確かに「焼」の字が間違ってる(^◇^;)。OPが黄瀬和哉さんで迫力UP。ED中澤一登さんで爽やか系からかっこいい系に。壁の落書きにだれそれがいると娘が反応。娘は最近赤司くんが気になるらしい。
黒バス再放送15話。ここからはもう録画してるので何回も見てる。でも通して見たいので視聴続行。帝光の頃の青峰と黒子の思い出と桐皇戦はじまり。作監は亀井幹太さんでキャラが男前。試合は少しだけどいきなりよく動いていい。やっぱり試合は見てて楽しい。
黒バス再放送16話から18話は青峰戦は全部いい。特に青峰の動きは何回もリピートされるけど良い。18話の脚本が小説版の平林佐和子さんだと今回初めて気づいた。ちょっとムードが暗めというか今までとノリが違う気がしたのは負け戦のせいだけでもなかったかも。19話木吉登場。20話黒子と火神の仲直り。20話は久々に作監が後藤さんではない。というか、気付いてからほぼ後藤隆幸さんなので彼がレギュラー作監なのかも。wikiでは総作監扱いで菊池洋子さんと二人別枠。
21話は節約回。ギャグが多くて娘は全部ウケていた。
22話から25話まで全速力で画質も動きも良いよねえ。


「アニナル」今週から特別オリジナル「chikara」。色彩が映画風の方。なにが特別なのかと思ったら、松本憲生さんが原画に参加してる!確かに特別。のっけからアクションがいい!カメラがグルグルしてる。脚本・絵コンテ・キャラ案は黒津安明さん。「新世界より」のOPが素敵な山下清悟さんも原画。 作監鈴木博文さん。松本原画をそのままだと最近キャラの顔がコワイ時があるので、その辺気になるとこはなかった。しかし昔のナルトのスタッフは「ロックリー」でよく見るけど、鈴木博文さんはこっちだね。

「劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン [前編]」が放映するわけだが、後編の予定がわからん思ってたら「劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン (後編)」は12/8(土)の16時〜17時だそうだ。よかった、やるね。そろってから娘に見せたいとこだ。 BSでは一挙に放映のようだ。テレ東…。

コクリコ坂から」昔の少女漫画喋り方にストーリー。昔の高畑ジブリが得意としてた少し昔の生活が描きたかったんだろう。アニメでなくていいじゃんと旦那は言う。たので実写で岡田准一長澤まさみ版を想像したら、それのがずっと見たいと思った。

新世界より
瞬の最期の回。前回合わなかった山内重保絵コンテだが、今回は動きの少ない会話回だったから合ってた。首筋や腰などエロス的なパーツアップで持たせる方法も合う。キャラの顔や目を「踊るピングドラム」っぽく変えてたのでアップにも耐えてた。これは作監羽山淳一のおかげかも。

「ROBOTICS;NOTES」がいまだ先が見えないので調べた。「STEINS;GATE」同じニトロプラスで作品内に関連がある。それなら大丈夫か。てか、サイコパスニトロプラス虚淵玄さんが脚本だし。「STEINS;GATE」と同じく学生の日常物からハードSFなるようだ。今は後半を楽しみにネタバレも見ない。「STEINS;GATE」は娘が会話とか楽しんでたから惰性で見てたら後半引き込まれた。娘に感謝。よく見たら両作品の主人公とヒロインの関係も似てるかも。