BLUE HUMAN

腐女子・飛天の戯言ブログです。腐ったイラスト・漫画・BL小説などを書いてます。

ジャンプヒロアカと文豪ストレイドッグス

ジャンプヒロアカ!
荼毘、やはりこれはありそうね。ひっそり実は無個性だったんじゃないかなと予想してるけど。今回自分の個性の炎に耐えられない身体だと判明し、敵に個性が一番の社会と言われて気を悪くしてるし。体がもたないのは個性付与されたデク君の時と同じではないかな。1冊分くらいまるまるヴィラン連合の話になりそうかな。

犬猿の仲とされる関係は、初っ端は似て見えても過去話があると実は作品ごとに色々ですね。かっちゃんとデクくんは幼馴染でいい時もあって、それを忘れられない。銀魂の高杉と銀さんも同様の拗れた幼馴染パターン。黒バスの黒子青峰も拗れた元チームメイト。なので仲直りするイベントがくる。
銀魂は土方さんと銀さんの場合は、銀さんが新撰組自体に同志という過去の憧憬を見ている感。土方に当時の高杉をだぶらせてるようにも。デュラララの臨也静雄は本当に嫌いあってて、だからラストで容赦ない対決をする。文豪の太宰中原は元相棒だが、アニメ監督も言うように仲良しにしか見えない。犬猿の仲で萌えるかも過去描写次第というか。

文豪ストレイドッグス DEAD APPLE
異能力者の自殺事件が頻発。探偵社は調査を始めるが、彼らの前に自分達の異能力が現れ敵対する。一方で太宰は敵のいる塔に単独で行くのだが。ボンズアクションがものすごい。ついでにこの作品に好きなシチュエーションがあることに気づいた。お互い意識しあった元相棒を命がけで助けに来るという。太宰と中也いいね。明らかに白雪姫をモチーフにしているので、瀕死の姫を目覚めさせる王子のシチュエーションなわけだが。これを男女でしてたら手垢のついたありきたりのネタ。でも男同士でしてるとこが面白い。しかも助けた直後の姿勢は明らかに性的で榎戸脚本らしいなと。榎戸洋司「文スト」と幾原邦彦「さらざんまい」。「ウテナ」の監督と脚本家が今期は両立だね。高校からの友人同士だそうで。感覚は少女漫画的で性的なのが共通。モチーフやメタファーや暗喩や伏線を多用し、作品に意味深な雰囲気を加味。謎解き考察する楽しみがあったり。今期は今の少女漫画の感覚を取り入れたとも。

文豪ストレイドッグス
3クール初っ端26話から28話が太宰と中也の出会いの回想で、映画からの繋がりでちょうどいい感じ。先に見てよかったなと。映画のおまけ小説が原作だそうで。WOWOWオンデマンドで文スト見れるので13話から16話の「黒の時代」も再度見てみたら、以前と印象が違ったり。以前はいきなり2クール目から回想で戸惑ったなと。33話から共食い編なる長編に入るようね。

無限の住人
完全アニメ化だそうで!グロいけどそのままいけるかな?「アフタヌーン」7月号から続編『無限の住人~幕末ノ章~』も。

 

「捜し物屋まやま」木原音瀬著

「捜し物屋まやま」木原音瀬
web連載完結。普通小説。雑誌掲載は引きこもり主人公が、探し物屋の血の繋がらない兄弟に救われる話。弟は口がきけないサイコメトラーで自分の言葉を人の口を借りて喋ることができる。第2話の主人公は弁護士でキャンプで事件に遭遇する話。第3話は探し物屋兄主人公で出版社の事件と母の知り合いの子供が弟になり彼の力を知る回想。最終話は弟主人公で病床での回想。イタコの祖母に視力を奪われ自分の悪の本能を兄のために抑制していると。
しかし、この兄弟はカプにはならない感があるね。この作品は普通小説だけど、たとえBL小説としてもくっつけにくそうな。木原音瀬さんの作品はこの組み合わせのBLは萌えないなと思うと、やはりなかなか進展しなかったり、受攻未満になるというか。BLになるときはなるしかない感があるし、がっつり受攻あるし。いろんなキャラや組み合わせやシチュエーションを描かれるけど、全部で受攻含むBLが可能ではなく、プラトニックやペッティング以上は進まないのもある。好きなキャラとか関係ないところにBLはある。個人的にBLが可能かどうかの好みが割と同じなので、その点において著者の作品は大抵快く、安心して読めるというか。

ジャンプヒロアカとさらざんまいと銀魂アプリ

ジャンプヒロアカ!死柄木のパワーアップのえげつなさ。これアニメでどう描くかな?描けるかな?アニスタとしては腕が鳴るところではとは思うけど、夕方アニメだしな。次は荼毘のターンのようだけど、パワーアップであれ出したら確定だなあ。楽しみ。そろそろ荼毘の過去話も出てくるかな。正体と経緯が別々で今回はどっちかが出るという線もあり。大方の予想通りなのか、斜め上なのか。

ジャンプヒロアカ
引き続き悪役同士。トゥワイスパワーアップ回。新たな敵かと思ってたけど、今のところかませだったのかなと。荼毘はまだね。というか、異能に問題ありに・が打たれてたので、ちょっと想像するところある。荼毘は無個性もしくは弱個性で先生に個性を付加されたのかもね。やけに先生に脳無を任されてるのも知り合いならあり得る。自分が強くなって云々のセリフも、デク君みたく力を得て間もない時と似てる。個性は轟君の兄のものと。荼毘はパワーアップしない可能性あるね。デク君がパワーアップしたし、ヴィラン連合もパワーアップしていってるし。かっちゃんや轟君や雄英のみんなもパワーアップするかも。ただ、絶体絶命の窮地でないとできないかな。ごっつシリアスに突入するってことになる

BS日テレのヒロアカ 再放送26話まで行った。一期が修正版だったので25話まででとりあえずまとめ保存。久しぶりの体育祭よかった。最近のヒロアカは絵の崩れとかほぼないけど、修正箇所はあるのかな


「さらざんまい」
アニメ「さらざんまい」を父母含め家族で見る夢を見た。尻子玉抜くシーンが来たらどうしようとドキドキ思ってたり。なんで、さらざんまいなんだ。起きてから娘に言うとよりによってそれかと笑。娘は出勝の夢見たと。娘リバだからどっちでも嬉。いいなあ、私も勝デクの夢見たいぞ。

銀魂アプリで最新話掲載!ちゃんと連載してくれるんだ、よかった。高杉が!とんでもない展開で萌える

 

「宇宙戦艦ヤマト2199」「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」

宇宙戦艦ヤマト2199」「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち
新作ヤマトシリーズwowowで一気見。キャラデザ結城信輝
宇宙戦艦ヤマト2199」シリーズ構成出渕裕。ロボットの心の在処の話、思い出の中に閉じ込められる話は攻殻機動隊ぽく。
宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」は屋敷内の話でHOLICみたいで、IGらしい。映画内の挿絵が山田章博
このスレッドを表示
宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』は総集編。
宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」シリーズ構成福井晴敏。旧作の彗星帝国の話。当時の話としては、西﨑義展Pは自己犠牲の美学の映画「さらば」担当。松本零士は特攻の美化を嫌い、生還させるテレビシリーズ続編担当だそうで。

ヒロアカコミックス23巻!「地獄楽」

ヒロアカコミックス23巻!
雑誌掲載ですごい最近のとこまで収録されてるね。トガちゃん戦の始まりまでの12週分。今回作者コメントが多め。最近の悪役サイドのターンのことや、他にも興味深いコメントが。テンコは過去作のキャラだったのか。かっちゃんコメント付き人物紹介がかわいいです。
悪役サイドの物語はなくても済むもので、いきなりパワーアップして主人公の前に出てくれば十分。だから作者が描きたいから描いてるということ。ただ、主人公側が動かないと物語が進まないのね。回想物語や過去物語も物語は足踏みになるし、具体的なエピにしなくても口頭の説明で十分ではあったりする。娘は今の敵サイド話も回想もじれったいようで。でも、作者的には入れたくなるのすごくわかる。説明だけなのと描写があるのとでは、後の実感的に全然違ってくるからね。
それとは別だけど、今のハリウッド映画では時系列に拘るせいで、いきなり主人公のモノローグつき生い立ちが長々と始まるの多くて。2時間くらいしかないのに、この尺必要かと。メインは成長後の話なんだから不必要と思うことも多々。まだ馴染みのない主人公の生い立ちなんてどうでもいいし早送りしたくなる。途中で必要な分だけ回想入れればいいのではと思うこともあったり。

「地獄楽」
連鎖開始からずっと面白い、一つの謎の島が舞台のシチュエーション時代劇。色っぽい表現も昔なら、ヤングジャンプに普通に載ってたよなあ。とうとう敵側に取り込まれるかもしれないキャラが出たね。弟は一応主人公側にいるし、今後の展開も楽しみ。BLネタとしてはかっちゃんぽいキャラ設定がなかなか。でもブラコンで弟という守るものがあるので、精神的には安定してて、かっちゃんほど情緒不安定の危なっかしさはないね。かっちゃんはそこがいい。青年向けなのでそういうシーンもあるしね。弟を思うゆえに、守る強さを得るため化け物と交わるという。でもアニメ化したら岡本信彦ボイスきそうな気も。安定しているからこそ、弟が離れた時に安定を失いそう。不安定なタイミングでの弟とBLだと面白そう。というか、デク君という安定を失う前はかっちゃんは安定してたんだよねと、彼を見て思ったりも。


進撃の巨人
OPがいつもの進撃感。今回はどこまでやるのかな。今連載中のところはまだだと思うけれど。

「サーチアンドデストロイ」とマンガ大賞2019と「COLD THE FINAL」 木原音瀬著

「サーチアンドデストロイ」
カネコアツシ著。テヅコミ連載の「どろろ」の未来版。身体の48箇所を人造人間達に奪われた女サイボーグ百が身体を取り戻してゆく。画力が高くてアクションが凄い。百は本能的なキャラ。相棒になる性別不明なドロはどろろっぽい。続きが楽しみ。「サーチアンドデストロイ」漫画は感覚を取り戻した時の表現がダイナキックで感動的ですらある。これは女主人公だからなおさら伝わる。アニメの方も前半は動物的だったけど、感覚奪還はついでで本能的欲求ではない感。どちらもこれから身体を取り戻すほど弱くなっていく描写があるらしいとか。原作読んでた時に、仕込み刀もなくなったし、実は弱くなったんじゃない?と思っていたので楽しみではある。ハガレンではアルが身体を取り戻すチャンスを、これじゃ戦えないと保留にしたエピソードがあった。次がある保証はないのに。北海道開拓者子孫らしい選択と思ってたなと。

マンガ大賞2019
2位は『ミステリと言う勿れ』3位は『ブルーピリオド』。2作とも読んでるけども、前者は心理分析哲学物。後者は美大予備校の青春物語。描きたいものがはっきりしててとても面白い。1位『彼方のアストラ』は読んだことないけどあらすじは確認済、宇宙漂流ミステリで、アニメ化するので楽しみ。

BL小説

「COLD THE FINAL」
木原音瀬著。COLDシリーズの後日談短編集。2組のカップルのその後だが、「COLD HEART」のカップルの続きが主軸。本編では改心までで終わったので。その後、精神年齢の低い傲慢な天才役者が、ともにいるため努力と忍耐を重ね、舞台でいいとこも見せて主人公が惚れ直したりして、主人公も心はあるのに体が怯える状況だったのが、受け入れていくまで。記憶喪失カプの方はDVだったのが嘘のように穏やか。

「リズと青い鳥」「傷物語」「デジモンアドベンチャーtri」『ガールズ&パンツァー 最終章』

リズと青い鳥
『響け! ユーフォニアム』のスピンオフ。先輩たちの話。吹奏部に誘って辞めて出戻った友達に特別な思いをもつ主人公。お互いなかなか本心を言えないのだが。相手をつなぎとめようとするテーマの、リズと青い鳥の絵本の話と彼らの話を交互に。ユーフォは思わせぶりだが、こちらははっきり百合な感。告白してちょっとだけ待ってで振り向いてときたら。監督:山田尚子脚本:吉田玲子。

傷物語
1から3。化物語の前日譚。主人公は四肢を失った吸血鬼を助け、四肢を奪ったバンパイアハンターと戦うことに。絵柄がリアルぼい。アクションすごい。後半になるほどギャグぽい表現も。残酷アクション表現はたまにポップを混ぜてたり。化物語シリーズらしいところ

デジモンアドベンチャーtri」
全6章。成長した子供達が集結し、少女と謎のデジモンに会い事件か起こり、デジタルワールドで記憶をなくしたデジモン達に会って悶着してからの続きの章はほぼバトル。太一と大和ツーショット多め。元永慶太郎監督。宇木敦哉さんの成長した面々のキャラデザがいい。

『ガールズ&パンツァー 最終章』
第1話。先輩の留年を阻止するため、先輩を隊長に据えて無限軌道杯に参加することに。船底で新たな仲間と戦車をゲット。初戦はBC自由学園フランス革命を彷彿とさせるチームに意外な苦戦を。いつもながらかわいく、戦車戦は楽しい。